ACエナジー クリーンエネルギーへの転換を進めるため、グリーンボンドを新たに発行し、資金を調達する計画を発表した。

Ayala Groupの上場電力部門は、子会社ACEN Finance Ltd.がシンガポール証券取引所に上場する上級保証更新債券を発行すると証券取引所に伝えた。

投資家はこの計画に満足しているようだった。 同日9時52分現在、AC Energyの株価は1.30%上昇した。

グリーンボンドの売却規模と条件は「後に」決定される予定だ、とAC・エナジーは述べ、債務証書も保証すると付け加えた。 この買収提案は、昨年8月26日にシンガポール取引所により「原則的に」承認された15億ドルの中期債プログラムの一環となる。

AC Energyは、8月31日にデット・ノートを開始する予定である。

「フィリピン証券取引委員会は、本件債券がASEAN Green Bonds Circularの要件を満たし、ASEAN Green Bond Issualtionに該当することを確認しました」と同社は述べた。

グリーン・ボンドとは、環境に利益をもたらし、気候変動との闘いに役立つプロジェクトのために資金を調達するために売却される債券の一種である。

確定利付証券のこのカテゴリーは、債券市場全体のわずかなシェアしか占めていないが、クリーンな電力投資への転換が資本集約的な動きであるため、特に炭素排出量を削減している企業に人気が高まっている。

同社のエネルギー資産が海外に統合された後、自然エネルギーはAC Energyの設備容量の80%を占めるようになった。 前半では、再生可能エネルギーがAC Energyの総生産量の52%を占めていた。

Ayalaグループは2030年までに石炭投資を完全に放棄する計画である。

最新の企業情報に基づくと、AC Energyは現在、建設中の1,000MW以上の能力を有しており、プロジェクトの半分以上が今後6~12ヵ月以内に稼動すると予想されている。

出所:https://www.philstar.com/business/2021/08/31/2123854/ac-energy-tap-green-bond-market-anew