ADBは「印象的な回復力」を理由に、フィリピンの成長見通しを引き上げる。

impressive-resilience

火曜日、アジア開発銀行は、デルタ派生物の襲撃中の経済の「印象的な回復力」を理由に、フィリピンの成長予測を上方修正した。

「アジア開発見通し」報告書の最新版では、マニラを拠点とする貸し手は、今年の受入国の成長率は5.1%と、これまでの予測の4.5%を上回ると予測しています。

実現すれば、ADBの新たな予測は、今年の政府の成長目標である4~5%を上回ることになる。 2022年のGDPは6%と、従来の5.5%を上回る伸びを見せている。

2021年に平均3%成長すると予測される東南アジアでは、フィリピン、シンガポール、タイのみが、これらの国のGDPが7-9月期に「上向きに驚いた」後、ADBによってより良い成長見通しが与えられた。 その他の地域の成長予測は維持された。

しかし、フィリピンの成長率は、46カ国・地域を抱える広範なアジアの開発途上国に比べて低くなるとみられている。同国の成長率は、従来の予測7.1%から年平均7%に達している。

ADBは報告書の中で、「2021年第4四半期には、政府のワクチン接種プログラムの加速、COVID-19の新規症例数の急激な減少、経済の更なる再開などにより、消費者・景況感は着実に改善した」と述べている。 このため、成長予想を大幅に上方修正する」としている。

国内総生産は前年同期比7.1%増となったが、デルタ派が引き金となって再びロックダウンし、ほとんどのエコノミストの予想を上回った。 7-9月期は予想を上回る伸びを示し、4.9%に達した。これにより、政府は2021年目標の上限を達成するか、それを上回ることさえ期待していた。

ADBの国別担当局長、ケリー・バード氏は「フィリピン経済は目覚ましい回復力を示している」と述べた。

「インフラへの公共支出と住民への継続的なワクチン接種は、2022年の同国の回復をさらに加速させる助けとなるでしょう」とバード氏は付け加えた。

ADBは、フィリピンで強気に転じる最新の機関です。 また、先週、世界銀行は、デジタル化や雇用への移行など、国が取り組むいくつかの問題への期待について、同国の見通しを引き上げました。

同報告書では、フィリピン、シンガポール、タイでは、経済の再開が需要を喚起し、インフレ圧力が高まり始めているにもかかわらず、東南アジアのインフレは今年も「抑制されたまま」と予想されると述べた。 AfDBは、インフレ率を平均4.4%と予測しており、燃料価格の上昇により、政府の年間目標の2~4%を上回っている。 政府のデータによると、11カ月物価上昇率は4.5%でした。

消費者物価の上昇率が目標の3.7%に戻るのは、来年のことである。

出所:https://www.philstar.com/business/2021/12/14/2147918/adb-hikes-growth-outlook-philippines-citing-impressive-resilience

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you