フィリピン経済区庁(PEZA)の報告によれば、農業ベースの経済圏への投資は204億ポンドに達し、41,205人のフィリピン人に雇用を提供している。

PEZA事務局次長のテレソ・パンガ氏は、これらの投資は、同国の22の農業工業団地と50の農業生産地から行われたと述べた。 2020年には、これらの投資家は10億ドル相当の輸出を生み出した。

Panga氏は、このような農業生態帯での期待される業績を背景に、PEZAは農業革新と農産業クラスターの成長を促進するために新しいタイプのエコゾーンを推進していると述べた。 これらは、アグロフォレストリー、水産、ハラールハブ&食品加工、知識、イノベーション、科学技術パーク(KIST)である。

PEZAはまた、地方開発とインクルーシブな成長を加速させるために、主要な政府機関と協力している。

同様に、ロケーターに税制上のインセンティブを与える政府機関は、大規模なプランテーションや商業生産に遊休地を利用するために、エコ工業団地や農業技術に関するプログラムを推進している。

加えて、PEZAは、ココナッツ、バナナ、マンゴー、パイナップル、コーヒーなど、主にエコゾーンで生産されている伝統的な輸出用作物の先導的な開発が必要であると述べた。

Pangaはさらに、PEZAは先駆的な農産物、多様な作物、食品加工・物流拠点、農業の研究開発・革新、農業4.0技術への新たなロケーター投資を誘致しており、これらは技術移転、農業者の能力構築・所得向上、およびエコゾーン・バリューチェーンにおける地場産業の統合を促進すると述べた。

PEZAのCharito Plaza事務局長によれば、「PEZAは、エコゾーンを全国的に展開する権限を持つ唯一の政府機関であることから、エコゾーンを経済的ドライバーとして推進するユニークな立場にあります。」と述べており、エコゾーンプログラムを支援する法律や政策としては、AO 18、Balik Probinsyaプログラム、フィリピン開発計画2017-2022、IPP/SIPP、CREATEなどがあります。

そのため、今後はPEZAが、農業・産業成長の回廊や農業イノベーションの拠点となる、より多くのエコゾーンを創出することになる、と同氏は述べた。 この戦略と共に、iOTの適用と精密農業技術の採用、農業者の技能と生産性の向上、そしてフィリピンが必要な規模の経済において比較優位を獲得し、必要な規模の経済とインフラ支援を提供できる輸出志向商品の専門化が、エコゾーン投資家が国内での活動と共に、また世界貿易で競争できるようにするためのものである。

「農業セクターの悲惨な状態を逆転させ、代わりに農業生産を増加させるために何かをすることができる。 共通の目標に向けて行動をまとめることができれば、農業への投資を増やし、農業4.0技術に従った農業システムを近代化し、国内総生産に占める農業貢献の割合を倍増させることは不可能ではありません」とPlaza氏は述べた。

出所:https://mb.com.ph/2021/09/28/investments-in-agro-based-economic-zones-reach-p20-b/