エアアジアは、デジタル・ビジネスがパンデミックの期間に10億米ドルを超えた後、ユニコーンの地位を獲得しました。

クレディ・スイスの最新報告によれば、このパンデミックは航空業界に大きな打撃を与えたが、同社は航空会社以外の業界を急速に追跡し、ASEANの3つのユニコーンのうちの1つに転換した。

エアアジアグループのCEO、トニー・フェルナンデス氏は、「これは、デジタル時代の航空会社にとどまらず、われわれの戦略が正しい軌道に乗っていることを業界に強く伝えるものである。だからこそ、エアアジアは、アシアンの電子商取引・デリバリー分野で重要なプレーヤーとして名をあげることができる」と述べた。

「エアアジアはもはや航空会社として知られるべきではない。 同氏は2021年10月12日に発表した声明の中で、「われわれは現在、デジタル・サービス・グループになっている」と強調した。

「私たちのルーツは航空業界にありますが、これまで以上に大きくなってきています。15種類以上の旅行やライフスタイルを組み合わせたスーパーアプリや、急成長を遂げているエデュテック部門であるエアアジア・アカデミーを独自に開発しています」と語った。

航空アジアには、テレポートと呼ばれる貨物・物流部門のほか、ビッグペイの金融サービス事業もある。 ビッグペイは「アジア初のバーチャル・バンクに成長する軌道に乗っている」。

航空会社側では、レストランフランチャイズチェーン、フードグループ「サンタン」、エンジニアリング会社「アジア・デジタル・エンジニアリング(ADE)」を持ち、「地域におけるメンテナンス、修理、オーバーホール(MRO)サービスの変革」を目指している。

「GTRと呼ばれる業界をリードする地上サービス事業も手がけている。 これらはいずれもデジタル時代の強さから強さに変わりつつある」とFernandes氏は指摘した。

「当初から、われわれは常にデジタル企業だった」と同氏は指摘した。 「われわれは、アシャンで初めて、オンラインで航空券を販売し、20年前に何百万人ものオンラインユーザーにデジタル決済を提供した。

このグループの大きな変革への道のりは、2年以上前に始まった。コビッドは、ブランド、データ、従業員に巨大な資産を持っていることに気づいたときに、コビッドを打つ前に、彼は次のように述べている。

「パンデミックが前向きな結果をもたらしたとすれば、私たちは変革計画を早急に軌道に乗せることができ、その機会は巨大なものとなり、東南アジアでは7億人を超える人々がおり、デジタル人口が最も急速に増加しています」と語った。

Fernandesによると、本質的には、Air Asiaは配送会社になっているという。

「人と人を結びつけ、目的地をつなぎ、パッケージ、フィンテック製品、さらにはオンライン教育さえも提供している。 当社は、東南アジアで最も人気があり、収益性が高く、低コストのデジタル配信会社となることを目指しています。」 と述べています。

出所:https://mb.com.ph/2021/10/12/airasia-now-a-digital-tech-unicorn-2/