フィリピン向け航空券の売上高は、第3四半期に57%増加した。

surging-Airline-ticket-sales

調査によると、米国からフィリピンへの片道・往復航空券の売り上げ合計は、2021年第3四半期に57%増加した。

ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)米ダイニノ・トラベル(NYSE:DYNNO)の調査によると、ASAPチケット・インターナショナル・トラベル・ネットワーク(ITN)ブランドの運営は、米国からフィリピンへの航空券販売において、本年4月から両国間の旅行が回復し始めたことから、前向きな見通しを示している。

パンデミック関連の規制が緩和されるにつれて、航空券の売上は前年同期比128%増加した。 夏場は緩やかな伸びを示したものの、9月の売り上げは2020年9月に比べて再び40%増加した。

パンデミックは依然として旅行者の心理に重きを置いており、旅行者は長期予約を避けている。 DYNNO Travel Researchによれば、2021年9月の旅行前30日以内にチケットを予約した旅行者は36%近くに上った。 一方、2019年の予約期間は0~30日で、旅客の22%に満たなかった。

ダイニノによると、2021年9月の平均航空運賃は2021年5月に比べて7.5%上昇し、2020年9月に比べて56%上昇した。 2021年9月の平均価格は1回当たり1,400ドルに達している。 一方、予約1件当たりの平均チケット数は、2019年、2020年とほぼ同水準の1.4枚となっている。

この調査によると、米国からフィリピンに向かう旅行者のほぼ50%がカリフォルニアとニューヨークの空港を出発し、最も出発が少ないのはコロンビア特別区とアラスカ州である。

米国からフィリピンに向かう旅行者のほとんどは、便利な交通インフラとフィリピン内の他の都市への直行便が利用できることから、マニラ国際空港またはセブ国際空港に到着します。

「DYNNO Travel」は、DYNNOグループの一部で、米国とフィリピン間で販売される航空予約の最大25%を担当しています。 これは友人や家族を訪れるのに非常に人気のあるルートです。 フィリピンは国境を越えており、今後も好調な販売を見込んでいます。 フィリピンは、私たちにとって重要かつ魅力的な目的地であり続けています。 2013年にはセブとマニラに事務所を開設し、旅行代理店がダイニノトラベルの国内外の顧客にきめ細かいサービスを提供できるようにしました。 「2022年までに旅行代理店を700社に増やす予定です」と、ダイニノグループの創設者であるアレックス・ワインシュタイン氏は言う。

DYNNO Travelは、米国を拠点とするテクノロジー・グループであるDYNNO Groupの旅行部門です。DYNNO Groupは、世界50の市場で旅行、金融、エンターテイメントの各分野でサービスや製品を展開しています。 DYNNO TravelはASAPチケット、International Travel Network、Innovative Travel Solutionsのブランドを運営しています。 事務所とコンタクトセンターは、ラトビア、モルドバ、エジプト、インド、コロンビア、ルーマニア、フィリピンにあります。

出所:https://mb.com.ph/2021/11/08/airline-ticket-sales-to-ph-surge-57-in-q3/

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you