ビラー傘下のスーパーマーケットチェーン、オールデー・マーツ 売却価格を引き下げたことで、投資家は買収案に対する需要を押し上げる可能性がある割引を受けた。

水曜日の証券取引所への通知で、同社は最終的なオファー価格をP0.60とし、当初提示したP0.80より安く設定した。

地元証券会社レジーナ・キャピタルの販売責任者、ルイス・リムリンガン氏は、この動きはオールデー株に対する投資家の投資意欲を刺激する可能性があると述べた。 「なぜ値下げを決断したのかは不明だが、その結果、需要は確実に強くなるだろう」とLimlinganはテキストメッセージの中で語った。

オールデイの10月18日から25日までの新規株式公開では、68億6000万株の新株発行が予定されている。 需要が堅調であれば、6億8570万株の普通株式を売却する。

オーバー・アロケーション・オプションが完全に行使されたと仮定すると、AllDayは45億ポンドの純収益を上げると予想される。 このうち77.5%を借入金41億ポンドの削減に充てる予定で、これは33店舗の建設資金に充当された。

残額は店舗網の拡大に充てる。 オールデーは2022年までに45店舗、2026年末までに100店舗の出店を目指している。

「同社が店舗を増やすにつれて、ALLDYは収益性の上昇トレンドを維持し、大手中級スーパープレーヤーからますます多くの市場シェアを着実に奪うことができると考えています」とLimlingan氏は述べた。

オールデーは11月3日に株式市場に参入する。 食品雑貨店チェーンは、オールホーム(Nasdaq:ALLHOME)、ビスタランド・アンド・ライフスケープ(NYSE:VIS)、ビスタマルズ(Nasdaq:VISTAMALLS)など、Villar Controlled(Villary Controls)傘下の地域密着型企業 and Golden MV Holdings Inc.

出所:https://www.philstar.com/business/2021/10/13/2133875/allday-marts-cuts-ipo-price-25