タイクーン・アンドリュー・タン主導のコングロマリット・アライアンス・グローバル・グループ (AGI)は、株主価値向上のため、今後2年半で実施する新株買いプログラムに40億ポンドを積み立てている。

AGIの取締役会は、フィリピン証券取引所(PSE)のトレーディング施設を通じて公開市場で実施される新しい自社株買いプログラムを承認しました。

AGIは金曜日、PSEへの開示の中で、「同社は現金で自社株を買い戻し、自己株式として計上する」と述べた。 同社は、この行使を支持するのに十分な利益剰余金を有していると述べた。

「新しい買い戻しプログラムは、整然と実施されるものとし、会社およびその子会社の見込みおよび既存のプロジェクトに悪影響を及ぼさないものとする」と、開示は述べた。

現在、AGIの発行済株式総数は約129億5,000万株(うち普通株式102億7,000万株)となっています。 発行済株式のうち、発行済株式数は約96.5億円、自己株式は約6.206万株となっています。

十分な利益をあげている企業は、自社株が市場で過小評価されていると感じたときに自社株買いを行うのが一般的である。

AGIは現在、984億2,000万ポンドの株式市場で評価されており、このコングロマリットの4-6月期純利益は6億ポンドとなり、検疫規制が厳しくなった昨年の低水準から132%増加した。 4-6月期の純利益は、3月下旬から4月上旬にかけてロックダウン措置を再度実施したにもかかわらず、1-3月期に計上した25億6000万ポンドの親会社株主に帰属する当期純利益の2倍以上に達した。

COVID-19パンデミックの影響で減益となったリカーアーム・エンペラドールは、4-6月期の純利益が前年同期比60%増の30億ポンドとなり、過去最高益を更新しました。 この結果、上半期の利益は531億ポンドと53%の成長を維持した。

当期純利益は前期比124%増の85億ポンドとなりました。

出所:https://business.inquirer.net/332181/agi-unveils-p4-b-share-buyback-plan