アジア開発銀行は、最近のパンデミック・ロックダウンのタイト化にもかかわらず、フィリピンの経済見通しを維持し、景気は回復しているものの、依然として微妙な回復が続いていると述べた。

同日発表された主力の「アジア開発見通し(ADO)」報告書の中で、マニラを拠点とする貸し手は、経済は今年4月の見通しと変わらず4.5%成長するとの見通しを示した。

また、来年も5.5%の反発が続いた。 同時に、ADBの今年のインフレ予測は、同州の年間目標2~4%を若干上回る4.1%、来年は3.5%と安定していた。

ADBの見通しは、政府の予想の範囲内であった。最近では、超伝染性のデルタ変異株が出現し、マニラ首都圏および近隣の州で今年2度目に厳しい停滞が発生したため、政府は今年の見通しを6~7%から4~5%に引き下げた。

8月には、首都圏が一時的に地域検疫(ECQ)の強化に復帰した。これは、最も厳しい規制であるが、その後も急増した事例が続いている。 その後、カーブは緩和され、経済はすでに回復の兆しを見せているが、ADBは、より厳しい移動制限を引き起こす可能性のある新しいコロナウイルス変異株が、経済の「脆弱な」回復に対する最大の脅威であると述べた。

「景気は回復し、正しい成長軌道に乗っている。 しかし、ADBフィリピン国別担当局長のケリー・バード氏は声明の中で、COVID-19の感染性が高いことから、回復は依然として脆弱であると述べている。

バードによれば、ワクチン接種は「依然として経済の安全な再開の鍵である」。 9月21日時点で、保健部のデータによると、COVID-19に対するワクチン接種が完了した人は1,902万人であり、同国の人口の約17.4%に相当する。

政府は当初、1億900万人の人口の70%を完全にワクチン接種することを希望していたが、デルタ変異型が出現したため、州は目標ワクチン接種率を90%に引き上げた。政策立案者は、供給が逼迫するなか、早ければ2022年には接種率を90%にまで引き上げると述べた。

現状では、8月末時点で全人口の3分の1未満がCovid-19から完全に保護されていたアジア全域でワクチン接種率にばらつきが生じているとADBは述べている。 これに対し、米国では50%以上、欧州連合では60%近くが対象となっている。

「パンデミックをコントロールする上で最も進展した経済では、成長がより強くなる傾向がありました」と、世銀は述べた。

出所:https://www.philstar.com/business/2021/09/22/2128912/adb-keeps-growth-outlook-philippines-recovery-still-fragile