カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | IT

第4四半期のフィリピンのGDP成長率は5.5%以上

Ph-GDP-growth-in-Q4

あるエコノミストは、4-6月期の国内総生産(GDP)が少なくとも5.5%になると予測している。これは、成長が正常化したことを指摘している。

これは、フィリピン経済が予想を上回り、7-9月期には7.1%の拡大を記録した後のことです。

Rizal Commercial Banking Corporation(RCBC)のチーフエコノミスト、Michael Ricafortは報告書の中で、「ベース/分母効果の低下が緩和されれば、GDP(国内総生産)の成長率が2021年第4四半期(第4四半期)までに少なくとも5.5%の正常化ペースに達し、両者ともGDP成長率が通年で約+5%以上となる。これは、小規模/粒度のロックダウンや警告レベルシステムを2021年12月までにおそらく全国的に採用することで、経済を再開するためのさらなる措置の観点からである」と述べている。

今年の第3四半期の成長率は平均4.9%で、同年の政府の4~5%成長率予測の上限となっています。

リカフォートは、主にコロナウイルス病2019(Covid-19)に対するワクチン接種プログラムの強化による検疫規制のさらなる緩和により、より強固な経済活動が可能になり、結果として国内経済の生産量が増加すると述べた。

「人口に対するワクチン接種を増やし、最終的には群れの免疫を強化することによって正当化されるように、経済を再開するための追加的な措置は、より多くの投資と雇用を必要とする企業/産業の能力を向上させるという点で、より持続可能な経済回復の見通しの源泉となるだろう」と同氏は述べた。

リカフォートは、経済の他の「グリーン・シュート」として、回復力のある海外フィリピン人労働者(OFWs)の送金、輸出入の持続的成長、製造業部門の回復、外国直接投資(FDI)、政府インフラ支出を挙げた。

「人口が約1億1000万人、世界第12位の人口を抱え、人口増加率が年率約1.5%であることを考えると、同国のGDP成長率は根本的に上昇するだろう」と付け加えた。

しかし、リカフォート氏は、リスク要因として、家計支出の伸びを妨げる国内インフレ率の上昇や、より感染力のあるCovid-19変異型が挙げられる。これは、より厳しい移動制限をもたらし、雇用の伸びを妨げる可能性がある。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1159256

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you