BSP:より効率的なフィリピンQR支払システムの恩恵を受ける中小企業

BSP-on-QR-payment-system

電子決済システムを採用したフィリピン人起業家は、人から商店への取引を容易にする新しいクイック・リアクション(QR)コード・システムのおかげで、現在ではさらに生産性、効率性、競争力が向上している。

声明の中で、Bangko Sentral Ping Pilipinas(BSP)はさらに、消費者、決済サービス提供者、小規模、中小企業を含む小売業者に対し、QR Ph Person-to-Merchant(P2M)決済施設が提供する便益を利用するよう促した。

「QR Ph P2Mを使用して店舗に支払いを行う顧客に課される料金はありません」とBSP知事のBenjamin Diokno氏は述べた。 「この機能は、ジープニーや三輪車の運賃、市場のベンダーやサリサリ店のオーナーからの商品代金の支払いなど、小額取引でもデジタル・チャネルを利用するのを合理的なものにしている」と述べた。

BSPのChiefは、QR Ph P2Mは「安全で、便利で、手頃な」選択肢であり、顧客は取引手数料を支払うことなく商品やサービスの代金を支払うことができると述べた。 QR Ph P2MがInstaPayを経由して稼働するため、顧客の支払いは店舗オーナーがリアルタイムで受け取る。InstaPayは毎日24時間利用可能である。

この施設を通して、商店主は、取引口座および顧客の口座がどこに維持されているかにかかわらず、QRコードを通して、物理的またはオンライン店舗で支払いを受けることができる。 QR Ph P2Mに登録されている業者は、施設やオンラインサイトに多数のQRコードを表示する必要はない。

QR Ph P2Mは、世界的なEuropay-Mastercard-VISA規格に準拠した国家QRコード規格によってサポートされている。

QR技術が現金処理コストを減少させ、高価なデータ収集装置に投資する必要性をなくすにつれて、商人は節約を生み出すことができる。 これは、大小の商店主がより高い生産性と競争力を達成するのに役立つと期待されている。

「QR Ph P2Mは、顧客にとって使いやすく便利なオプションを提供し、企業にとって低コストのデジタル決済ソリューションを提供します」とDiokno氏は述べた。 「それは、小規模商店主のためのデジタルゲートウェイとしての役割を果たすことができ、安全で安全な支払いオプションを提供することによって、COVID後の経済下で彼らの事業を維持することを可能にする」。

BSPは、決済オプションとしてQR Ph P2Mを提供することに関心のある商店主に対し、銀行または電子マネーの発行者と契約して、それぞれの決済サービス提供者の要件を知るよう促した。 決済サービスプロバイダからQRコードが提供されると、販売事業者はQR Ph P2Mを通じて顧客からの決済の受付を開始することができる。

出所:https://business.inquirer.net/332840/small-businesses-to-benefit-from-more-efficient-qr-payment-system-says-bsp

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you