フィリピン商工会議所(PCCI)は、産業部門の他の利害関係者の提案に反して、予防接種を受けた人々のためのプロトコルを緩和することに懸念を表明している。

PCCIは13日の声明で、ワクチン接種を受けた個人は、経済活動を本当に復活させるものではないため、現在、すべての人に制限されている部門でワクチン接種を受けさせる方針に反対した。

PCCIのエドガード・ラクソン社長代行は、「ワクチン接種を受けた人々の多くは高齢者や併存疾患のある人々であるが、ワクチン接種を受けていない若者は、消費者の大半であるため外出さえ許されないかもしれない」と述べた。

また、無症候性であってもウイルスキャリアである可能性があることから、ワクチン接種者の自己満足についても警告している。

Lacson氏は、「差別の方針は、全人口にワクチンを接種したとしても、医療専門家による群れの免疫が得られないため、経済全体の早期開放を複雑にする半分の尺度である」と付け加えた。

先週末、ラモン・ロペス貿易相は、ワクチン接種を受けた人々により多くの人の移動を可能にするためのガイドラインが現在完成しつつあると述べた。

一方、PCCIは、ハード・ロックダウンへの反対も繰り返し表明した。

「Covid-19(コロナウイルス病2019)は製薬上の問題であり、ロックダウンのような軍国主義的解決策では解決できません」と同グループは述べた。

また、同国最大の企業グループは、ワクチンの導入をさらに加速させ、Covid-19スクリーニングを無料にして、接種や検査を勧めました。

政府は、「厳しいロックダウンと、無効にするための様々な検疫プロトコールをとった後、ウイルスの蔓延に対処するための他の措置にも開放されている」と述べた。 集団接種は、集団保護が遅れているワクチンの供給が限られているため、単一の基準とすべきではない」とPhilippine Exporters Confederation Inc. 議長と元PCCI議長のGeorge Barcelon氏が付け加えた。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1153383