Cavite MSMEは真空凍結乾燥技術に関心を示している

MSMEs'-interest-in-drying-technology

多くの零細、中小企業(MSME)が、真空凍結乾燥技術への関心を、自社のビジネスの革新として表明している、DOST(Department of Science and Technology)のFortunato de la Penica長官は発表した。

DOSTが昨年9月2日に開催した真空凍結乾燥施設の利用に関するバーチャルセミナーには、少なくとも60名が参加したと報告した。

参加者は食品企業、協同組合、農業団体、および政府部門からであったと同氏は述べた。

「保存性、有効期間の長さ、再構成を容易にする吸湿性または吸水性は、この技術の利点の1つです」とde la Penica氏は述べた。

彼によれば、資源担当者は真空凍結乾燥プロセスが、空気乾燥や日焼け乾燥のような他の乾燥方法と比較して、果物や野菜の栄養成分をどのように保存するかについて話した。

「スピーカーであるフィリピン大学ロスバニョス校のDr. Adelisa Dorado准教授も、この技術の欠点として、長い処理時間と高い操作コストを挙げています」と付け加えた。

一方、デラ・ペニャは、カビテ州農業局が、支援を受けた農民団体にこの技術を採用することに関心を示したと述べた。

DOST-Calabarzonは、ラグナのカラバルゾン・フード・ソリューションズ・ハブに現在収容されている真空凍結乾燥装置を、この地域のラグナ食品加工業者協会や他の食品企業が食品の開発・商品化に使用するために買収した、と同氏は述べた。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1153882

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you