銀行口座を持たないフィリピン人との関与と協力は、金融包摂における重要な要素であり、経済開発の便益を手の届きにくいセクターに落とすであろう。

このように、Bangko Sentral Ling Pilipinas (BSP) のベンジャミン・ディオクノ総裁は、Financial Inclusion Agendagenの推進を支援するために、同国の民間金融機関幹部に加わったと述べています。

フィリピン財務管理研究所の会員は最近のオンライン会議で、「金融ループの中にフィリピン人を増やし、生活の改善を支援するために、金融技術を採用してきました」と語った。 「BSPはインクルーシブ・デジタル・ファイナンスを推進するため、ターゲット・セグメントとの契約を拡大している。」

この目的のため、BSPはフィリピン統計局が主導するフィリピン身分証明システム(Philippine Identification System:フィリピン統計局)の展開を完全に支持すると述べた。

PhilSys IDは、銀行口座を開設したり、政府の支援を受けたりするなど、金融サービスにアクセスするための文書として使用できる、検証可能なデジタルIDを提供します。 それは、コスト効率の高いクライアントの関与とデジタル・ファイナンスの革新を促進する可能性を持っている。

PSAとフィリピン土地銀行とのコロケーション協定により、国のID登録者は現場で銀行口座を開設することができるようになった。 これにより、530万人を超える未銀行のフィリピン人が新たな銀行口座を開設することができた。

BSPは、全国障害者問題評議会にも参画しており、銀行の施設に移動のためのスロープを設置したり、盲人用の現金自動預払機に点字キーパッドを設置したりするなど、銀行サービスの提供において、無差別政策を支持する措置を発表している。 これらの取組は、このセクターのための金融包摂情報キャンペーンに加えて行われている。

BSPは、地方自治体の財政統合を促進する独自の立場から、内務・地方政府省を財政統合運営委員会に招聘している。

アカウントの所有権と電子決済を強化するため、BSPは労働雇用省、社会福祉開発省、運輸省と緊密に協力している。

ディオクノは、インクルーシブな成長を促進する手段として、フィリピンが2年以内にデジタル化と金融包摂の改善という野心的な目標を達成できるという確信を以前に表明しています。

Dioknoは、2023年までにすべての取引の50%、フィリピン人の70%が同じ期限までに銀行口座を持つことを望んでいる。

出所:https://business.inquirer.net/332395/engage-collaborate-with-unbanked-filipinos-for-financial-inclusion-bsp