世界最大のパイナップル・アンド・バナナ生産国であるドールは、フィリピンの好調な経済パフォーマンスにもかかわらず、ESG(環境・社会・コーポレート・ガバナンス)イニシアティブへの投資を含め、フィリピンでの拡大を継続することを約束しました。

フィリピンでは、1960年代初頭から長い歴史があり、ミンダナオを中心にパパイヤやアボカドなどの果物とともにバナナやパイナップルを栽培しています。

ウィーゲル氏は「企業としては、長い歴史を持つだけでなく、事業規模が大きいことからも、戦略的に重要な市場だと考えている」と述べた。
ドール・フィリピンでは、4万人近くが直接・間接的に雇用されている。 ドール・サンシャイン・カンパニーのフレッシュ・プロデュース・グループ社長、クリスチャン・ウィーゲレ氏は、「当社のプランテーションは3万ヘクタールを超えており、当社は常に拡大を目指している成長軌道に乗っている」と、ビジネス・ブレティンとの電子メールインタビューで語った。

Wiegeleは、伝統的に果樹園の面積を拡大することだけでなく、アグリテックや人々への投資も視野に入れていると強調した。

伝統的な農業の観点から、Wiegele氏は、現地のパートナーや自治体とタイアップしたパイナップルなどの特定の農産物を中心に、生産ヘクタールの拡大に取り組んでいると述べた。

また、ミンダナオ州北部のインフラへの投資も進めており、すでに最新鋭のコールドルーム設備を備えた新型のパッキングハウスを開設し、光学式文字認識を中心とした高度な技術で、パッキング工程での食品ロスを削減しています。

「これらはすべて、我々が将来のために適切なポジションを確保するために行っている投資です」と同氏は付け加えた。

ドールは選ばれたファンドを試験的に運用し、データAI、ドローン、ビッグデータを持つ本当に先端的な企業と協力して、農業分野の前進を支援している。

出所:https://mb.com.ph/2021/08/16/dole-vows-to-continue-expanding-in-ph-amid-robust-growth/