カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | IT

DTIのフィリピン経済は2022年に6-7%成長するとの楽観的な見方を示した

DTI-optimistic-about-Ph-economy-to-grow

ラモン・ロペス貿易長官は、コロナウイルス病2019(Covid-19)の適切な管理と事業再開が継続する限り、同国の景気回復を楽観視している。

Lopezは、The Manila Times 木曜日のフォーラムで、2022年までに国内総生産(GDP)の6~7%の成長を達成する可能性があると述べた。

「すべてのプログラムが設定され、パンデミックからの継続的な回復が実現すれば、来年は6-7%(成長率)に達する可能性があり、選挙の年でもある」と同氏は述べた。

ロペス氏によると、外出に自信があるため、人々は最近楽観的になりつつあるという。

同氏は、「我々はヒアリングを続けており、これを管理する必要があることを常に念頭に置いており、(全員が)我々がこのような勢いを維持し、EU(欧州連合)諸国で現在起こっているような急激な変化を起こさないためには、公衆衛生プロトコールに従っていると思われる」と付け加えた。

Lopezはまた、追加接種を含めたワクチン接種の拡大を加速する必要性を指摘した。

先月からの規制緩和により、貿易主任は10-12月期のGDP成長率を7%以上増加させている。

「われわれの前にスピードバンプがある必要はない」と同氏は述べた。

同氏によると、同氏の代理店調査によれば、10%の事業所が閉鎖されたままであるという。

10%の廃業企業のうち、20%が永久に廃業したと回答している。

いくつかの事業が廃業している一方で、新興企業の多くは、パンデミックの中で事業を登録している。

「人々はまだ収入を得て、別の生計手段を見つけなければならない。 従って、その事業を閉鎖しなければならないが、他の事業を開拓しているのである。 もちろん、彼らは、収益を上げ続け、枢動し、新しいビジネスを模索し続けなければならない。 だからこそ、何年にもわたって、新規事業の更新・登録を行っている企業の数、すべてを数え、数を増やし続けているのだ」と同商店主任は言う。

貿易部のデータによると、今年8月末現在の登録事業者数は、2019年末の150万事業者から208万事業者に増加した。

インフォーマル・セクターには500万人から600万人の起業家がいる。

「良い知らせがあります。米国では起業家精神が生きており、フィリピン人は起業家精神にあふれています。 彼らは、収入を得る方法、特に仕事を失った人々を見つけるので、彼らは急速に変化し、今ではこの成長を見ています」とLopez氏は言う。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1160900

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you