カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | It

第3四半期のフィリピンのGDP成長率は6.5%と経済主義者の目線

Ph-GDP-growth-in-Q3

7-9月期の国内成長率は6.5%と、ベース効果の低下とロックダウンの影響を受け、引き続きプラス成長が続くと見込まれる、とエコノミストは言う。

Rizal Commercial Banking Corporation(RCBC)のチーフエコノミスト、Michael Ricafort氏は、「第3四半期(第3四半期)2021年のGDP(国内総生産)成長率は、前年比+11.8%(2021年第2四半期)から定量的に低下する可能性があるが、主にベース/分母効果の低下により、依然として1桁台高水準でプラスにとどまる可能性がある」と述べた。

上半期のGDPは3.96%でした。

これは、景気が4-6月期にプラスに転じた後、前四半期の▲3.9%から2020年1-3月期以降、5期連続のマイナスを記録したことによる。

リカフォートの7-9月期見通しを考慮すると、9月末の平均成長率は約4.8%となり、今年の政府目標の4%から5%の範囲内に入る。

フィリピン統計局(PSA)は11月9日に第3四半期のGDPを報告する予定である。

リカフォートは、経済成長は、海外のフィリピン人労働者(OFWs)からの力強い流入、海外直接投資、輸出、輸入、製造部門の回復、インフラへの政府支出の増加、特に2022年の全国世論調査を上回る増加によって牽引されると予想していると述べた。

同氏は、クリスマスシーズンの準備や選挙関連の支出は、今後数カ月で個人消費や経済全体をさらに押し上げる可能性があると述べた。

「経済成長の最大の原動力は、より小規模なロックダウン/警告レベル・システムへの移行により、より多くの企業/産業がより高い規模で再開・運営できるようになるマニラ首都圏以外の地域への経済の更なる再開であろう」と同氏は付け加えた。

リカフォート氏は、より多くの事業の再開は、政府の歳入増につながると述べた。これにより、パンデミック関連プログラムに利用可能な資金が確保されるとともに、予算ギャップが縮小し、政府の債務残高が減少することになる。

「人口保護に向けたワクチン接種の増加、あるいは2021年後半には人口の少なくとも60~70%が、2022年前半には群れの免疫に向けて、あるいは人口の少なくとも80~90%が予防接種を受ければ、コビッド19との戦争に勝利し、さらに経済を再開することが正当化されるだろう」と同氏は付け加えた。

ベルラン財務次官は、政府の成長目標を達成するためには、年後半には国内経済を5%から5.5%程度成長させる必要があると述べた。

「われわれは現在3.8%に達しているため、目標の上限を達成するには5%を少し上回るはずだ」と述べた。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1158445

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you