カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | It

10月の電力スポット価格の上昇

Electricity-spot-market-prices-up

フィリピンの独立電力市場運営会社(IEMOP)によると、10月の平均卸電力スポット市場(WESM)価格は、マランパのガス設備停止の予定と一部プラントの停電により供給が逼迫したことから上昇したが、需要は引き続き上昇した。

IEMOPの市場シミュレーション・分析部門の副責任者、エリ・ジャンセン・グレガナ氏によると、WESMの平均価格は10月20日時点で6.75ペソ/キロワット時(kWh)に達し、9月の平均価格は3.30ペソ/キロワット時の2倍に達したという。

IEMOPは、一部のガス火力発電所に影響を及ぼしたマランパガス設備の停止が予定されており、10月の第2週には複数の発電機が強制的に停止したため、供給が減少したと述べた。

マランパのガス供給制限により、一部のガスプラントユニットが強制的かつ計画的に停止した結果、平均供給量は6.4%減少し、今月は13,376MWとなった。

「発電機の強制停止とは別に、需要が増加した事例もあります」とGregana氏は言う。

IEMOPによると、電力需要の増加はパンデミック以前の水準とほぼ同じであった。

市場オペレーターのデータによると、需要は3.24%増加して10,250MWとなった。

システムのピーク需要に関しては、前月の12,481MWに対して、10月は12,920MWに達した。 系統別では、ルソンのピーク需要は3.36%(352MW)増加したが、ビサヤのピーク需要も2.68%(56MW)増加した。

IEMOPの最高経営戦略・コミュニケーション責任者、イシドロ・カコ氏は「経済の開放に伴い…需要も回復している」と述べた。

「これは、工業用、商業用の顧客に関して、需要が増加していることを示している」と述べた。

政府は国内のより多くの地域で検疫規制を緩和し、首都圏は10月1日から15日にかけて警戒レベル4の一般地域検疫を受け、さらに10月16日から3日に警戒レベルに引き下げた。

9月の請求書の市場取引については、8月の請求書のESSPが5.13P/kWhであったのに対し、供給マージンが高いため、市場からの買電は3.41P/kWhの低価格実効決済スポット価格(ESSP)でペッグされた。

昨年9月に市場から購入した電力総量は、6,857ギガワット時(GWh)で、全電力量の7.8%となり、8月のスポット・パーセンテージ(8.6%)を下回りました。

出所:https://www.philstar.com/business/2021/10/24/2136221/power-spot-market-prices-october

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you