フィリピンの事業主は、13ヶ月目の給与に対して5億ポンドの融資を求めている。

P500M-loan-for-13th-month-pay

フィリピン雇用者連盟(ECOP)は、パンデミックの影響を受けた企業を支援するため、2億ポンドから5億ポンドの融資ファシリティのための機械工の製作に参加している。

本施設は、従業員に13ヶ月目の強制給与を支給するものとする。

ECOPのセルジオ・オルティス・ルイス社長 貿易産業省(DTI)、労働雇用省(DOLE)および財務省は、原則として、第13ヵ月分の支払いを対象とする無利子融資を提供する新ファシリティに2億Pから5億Pに配分することに合意したと述べた。

融資プログラムを利用しようとする小規模事業者は、事業を行っている間、パンデミックの影響により13ヶ月目の給与を支払うことができないというDOLEの認証を取得する必要がある。

Ortizi-Luisは、DOLE認証取得プロセスは1日以内に実施されると述べている。

同氏によると、この融資は1-2年以内に支払われるはずだという。

Ramon Lopez貿易長官は先に、DTIの資金調達部門であるSmall Business Corp.に言及した。 パンデミック・ヒット企業が13カ月目の給与を支給できるよう、融資ファシリティを設置している。

オルティス・ルイスは、パンデミック時にキャッシュフローの問題に直面している小規模・小規模企業を支援することが重要であると述べている。

同氏によると、小規模企業は全事業所数の約90%、全雇用の65%を占め、小規模企業は約8.5%を占めている。

これらの事業の半分は閉鎖しなければならなかったが、残りの半分は開放されているものの、従業員への支払いは依然として困難である、と同氏は述べた。

同氏は、労働者の13カ月目の給与を支給できない零細・小規模企業の大半は首都圏にあると述べた。

「13カ月目の給与について話すと、(彼らにとって)これはもっと大きな問題だ」と述べた。

出所:https://www.philstar.com/business/2021/10/16/2134428/employers-seek-p500-million-loan-13th-month-pay

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you