電力需要は改善の兆しを見せており、アボティス・パワー社の最高幹部であるコロナウイルス病(Covid-19)のパンデミックを受けて、同国の景気回復が続いていることを示しています。 月曜日に言った。

ジェイム・ジョゼ・アボティツ最高執行責任者(COO)は、セブのプレスとのバーチャル・ブリーフィングの中で、「パワーは、昨年のパンデミックの影響で需要が伸び悩んでいたことから、今年は持ち直している」と述べた。

アボチスは、エネルギー需要の増加は検疫規制の緩和によるものであり、同国の経済が回復を続けるにつれて、今後も継続していくことを期待している。

特に、2022年に予定されている選挙は、同国の電力消費を大幅に押し上げると予測した。

アボティツ氏は、かつてのような選挙シーズンは、常に「電力消費のバナー・イヤー」であり、景気回復が進む今こそ、これをさらに推進するべきだと述べた。

フィリピン経済の成長は、常にエネルギー消費に正比例しており、パンデミック後の持続的な経済拡大を期待するならば、安定した電力需要の増加を伴う。

アボイティスは、気候関連のリスクに対応し、同国における再生可能エネルギー市場の構築に向けた政府の取り組みを支援するため、電力会社はさらに再生可能エネルギー源に移行していると述べた。

AboitizPowerは現在、設備容量に基づく自然エネルギーの最大の所有者であり、運営者である。

今後10年間で、同社は、同国の再生可能エネルギーを促進する政府の取り組みを支援し、世界の再生可能エネルギー目標への組織の貢献を果たすために、クリーンエネルギーポートフォリオを拡大することになる。

2030年までに、ほぼ50:50のクリーンエネルギーと熱容量の混合を目標としている。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1154033