フィガロ・コーヒーの新規株式公開(17億7000万ポンド)による店舗網の拡大

Figaro-Coffee-to-expand-store-network

フィガロコーヒーグループ 17億7000万ポンドを上場し、店舗網の拡大を目指す。

米証券取引委員会(SEC)は10月4日、同社の登録届出書を受領した。

目論見書によれば、フィガロの新規株式公開(IPO)は1株当たり12億6000万株を上限として1.28ペソで売却する。

投資家の関心が高ければ、同社は1億2600万株の過剰割当オプションを設定した。

食品小売業者は、店舗網を拡大する計画とは別に、この売却で得た収入を自社のサービス・生産設備の拡張、債務返済、ITインフラの整備、買収の可能性に利用したいと考えている。

純収入のうち、6億5,760万P、3億5,030万Pが出店・改装、通勤費などに充てられる。

SECが承認すれば、買収提案期間は12月16日から12月22日までとなる。

本目論見書は、コロナウイルスのパンデミックは、2020年7月から2021年6月30日までの12カ月間で最高の収益と収益を記録したことから、同社にとって「偽装の恩恵」であると指摘した。

上半期の純利益は前年同期比271%増の1億1440万ポンドとなった。

フィガロは25年間フィリピンで事業を展開しており、世界中に90以上の食品小売店がブランドを持っています。

フィガロコーヒーショップ52店舗、エンジェルのピザ店31店舗、タインメイズ台湾料理店5店舗、TFGエクスプレス店、カフェポルトフィノ店1店舗を展開している。

出所:https://www.philstar.com/business/2021/11/04/2138950/figaro-coffee-eyeing-p177-billion-ipo

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you