フィリピン人の健康・投資商品への欲求を高めるための金融リテラシー

increasing-Filipino's-financial-literacy

フィリピンの金融リテラシーを向上させるための政府の努力は、人口統計、技術に精通した若者、および同国の保険加入率の低さと共に、人々の健康と投資商品を手に入れたいという欲求を高めると見られている。

Pru Life UKのEng Teng Wong社長兼最高経営責任者(CEO)は、1億900万人以上の人口を抱えるPru Life UKの保険加入率が2%に満たないことは「大きな機会」だと説明した。

Wong氏は「われわれは、これを実際に見逃したくない」と述べた。

また、金融リテラシーへの関心の高まりは、PruLife UKのビジネスを後押しする大きな助けになるとみられている、と述べた。

「これは非常に重要です。 私にとって、現在の世代、人口規模、そしてフィリピンの人口統計は、若く、テクノロジーに精通している傾向があります。これは、私たちが現在直面している課題を克服する機会だと思います」と彼は言う。

一方、保険会社は17日、世界中の株式に投資しているペソ建てのPRUlink Gen Fundを立ち上げた。

同じバーチャル・ブリーフィングで、マーク・アンソニー・バリノのプロー・ライフ・イギリスのマーケティング担当副社長は、「(われわれは)ファンドにもたらされる可能性のある機会と潜在的リスクの両方を考慮に入れている」ため、パンデミックの最新のオファリングについて楽観的な見方をしている、と述べた。

「世界的な景気回復の見通しに加えて、ファンドのマルチファクター投資戦略は、株式や株式ファンドの投資に内在するボラティリティに実際に対応しています」と同氏は述べた。

当ファンドは、米国、日本、韓国、英国、カナダ、ブラジル、フランス、スイス、ドイツ、オーストラリアなどで取引されている株式に投資されています。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1158820

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you