フィリピンから最大12億ドルを調達する外国衣料品購入者

garment-buyers-to-invest-$1.2B

衣料品・繊維製品の海外購入者は、フィリピンからの供給は2020年の9億ドルから今年は12億ドルに達すると見込んでおり、検疫上の制約をさらに損なうことはない。

「検疫にそれ以上の障害がなければ、今年は10億-12億ドルをかけて最善の努力をしています」と、フィリピン国外バイヤーズ協会(FOBAP)のロバート・ヤング会長は述べた。

また、検疫規制の緩和以外にも、全面停止中のベトナム向けの追加購入により、フィリピン向けの受注が増加しているとしている。

また、ミャンマーでは、政治情勢の悪化により衣料・繊維産業の業績に悪影響を及ぼしているため、受注動向も変化している。 また、ミャンマーの現地通貨も米ドルに対して40%切り下げられている。

しかし、若者は、フィリピンの衣料・繊維産業は、米国の景気回復計画を妨げる前例のないサプライチェーンの寸断によって依然として脅威にさらされていると述べた。

「アジアとヨーロッパ周辺の工場閉鎖と検疫ルールに加え、運送業者の伝説的な価格低迷のため、コビッド19と結びついた多額の出荷遅延により、依然として苦しい状況が続いています」とYoung氏は言う。

同氏は、米国アパレル・フットウエア協会(AAFA)がバイデン政権に控訴状を出していると述べた。 FOBAPは、Covid-19から生じるこれらの貿易問題に関する控訴状の署名国の1つである。 また、AAFAは、米国政府に対し、貿易のレバレッジとして関税以外のツールを用いることを検討するよう促した。 また、同グループは、2021年海運改革法の導入を歓迎した。

一方、ヤング氏によると、業界が直面している大きな逆風には、店舗の閉鎖や従業員の解雇以外にも、衣料品の棚が空き、製品の値上げ、買い物客数の減少、時代遅れのファッション用品などがあるという。

「フィリピンは、この分野で中規模の衣料ビジネスプレーヤーであり、現実に経験しているこのような課題に最も耐えられない企業のひとつになるでしょう」と同氏は述べた。

従って、フィリピン政府は、このセクターに対して緊急に必要な支援と介入をすべて行うことが不可欠であると述べた。

出所:https://mb.com.ph/2021/10/04/foreign-garment-buyers-eye-1-2-b-from-ph/

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you