カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | IT

Globe、地銀からのP15-Bローンを確保、ネットワークの拡充

Globe-P15B-loans

グローブ・テレコムは、ネットワークの近代化と債務リファイナンスを支援するため、地元銀行との融資契約を通じて150億ポンドを確保しています。

米通信大手BDOユニバンク(Nasdaq:BDOUNIBA)とタームローン契約を結んだ。 フィリピン土地銀行はそれぞれ100億ポンド、50億ポンド。

モバイル・固定回線インターネットの利用が急増する中、同ファンドは同社の事業拡大を支援する。

グローブはこれまで、スマートフォンの利用が増えたことから、今年9月時点で、携帯電話のトラフィックだけで55%増の2730ペタバイトとなったと発表していた。

新たに締結された融資契約は、同社の年間760億ポンドの設備投資計画の20%近くを占めた。 グローブは、この資金を既存のローンの借り換えにも利用する方針を明らかにした。

9月時点で、グローブは通期予算の約654億ポンドを費やしており、昨年の603億ポンドを上回っている。

さらに、設備投資の84%は、より多くのフィリピン人のためのモバイル・インターネット体験に対処し、向上させるためのデータネットワーク構築に充てられました。

「フィリピン人に世界初の接続性を提供するためのキャンペーンの一環として、同社は1080の新しいセルサイトでネットワーク構築の勢いを維持し、4G LTEと5Gの両方を含む少なくとも12,900のサイトをアップグレードしました」と同社は述べた。

また、固定回線インターネットサービスへの需要が好調なことから、グローバルは100万回線を超える光ファイバー・ツー・ザ・ホーム回線を設置した。

また、今年1-9月期のコア業務純益は17%増の183億ポンド、サービス収入は1,136億ポンド(前期比4%増)となり、パンデミック以前の水準を上回った。

出所:https://business.inquirer.net/335523/globe-seals-p15-b-loans-with-local-banks-to-upgrade-network

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you