ラモン・ロペス貿易長官は、フィリピン人が世界的流行の中でデジタル技術に適応することで、同国は東南アジアの次なる技術的リーダーになりうると述べた。

「DTI(Department of Trade and Industry)」は、フィリピンが東南アジアにおける将来の技術的リーダーになり得ると信じるDigital Pilipinas Movementの一員である。 Lopezは7月22日に「デジタル・ピリピナス・ムーブメント」を立ち上げた際に、ここにいるすべての人たちと同じように、社会全体のアプローチ、すなわち、パンデミック後の明日にさらに良い状態を取り戻すために協力することによってのみ、これが達成されることを知っています」と語った。

2021年のデジタル・レポートによれば、フィリピンは世界のインターネット・ソーシャル・メディアのトップユーザーであり続けており、フィリピンにおける電子商取引の普及率も、2019年の70%、2020年の76%から今年は80.2%に上昇した。

「特に昨年は、Covid-19のパンデミックの際に、電子商取引が救済されるようになり、このような事態が起きました。 多くのオンライン・ビジネスは、コミュニティのロックダウンの影響を受けたリアル・アンド・モルタル・ビジネスによって残された空白を埋め尽くした。 「オンライン小売、配送サービス、オンライン・エンターテインメント、デジタル・サービス、テレヘルス、在宅手配からの仕事、デジタル決済——これらはすべて、過去1年間で私たちを助け、これまでもそうし続けてきました」とLopez氏は言う

DTIの「商号登録次世代システム」に基づく小売業登録は、現在、パンデミック前の2020年1月から3月の1,848社の商号登録から105,159社に達している。

登録件数も2020年末の88,575件から増加した。

「2020年には、商号登録等の申請件数の半分以上が8分以内に、83%が1時間以内に処理された。 また、ビジネスネームの応募者の多くは、オンライン決済ゲートウェイ経由の登録料が従来の店頭決済方式やDTIキャッシャー方式に比べて67%となっており、ビジネス決済の選好に変化が見られました」とLopez氏は述べた。

出典:
https://www.pna.gov.ph/articles/1147953