カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | It

GTキャピタルが連結純利益の168%増を達成

GT-Capital's-168%-leap

Tyファミリーの旗艦企業であるGTキャピタル・ホールディングスは、2021年第3四半期の連結純利益が前年同期の32億ポンドから168%増加し87億ポンドとなった。

フィリピン証券取引所への開示によると、コア純利益は前年同期の37億ポンドから2021年1-9月期には81億ポンドに115%増加した。

これは、当期純利益161億ポンドを計上したメトロポリタンバンク・アンド・トラスト・カンパニー(メトロバンク)と、当期純利益46億ポンドを計上したトヨタモーター・フィリピン(TMP)が牽引したものです。

Federal Land, Inc.からの不動産売却が好調であったことに加え、Metro Pacific Investments Corporationからの利益寄与が増えたことも、GT Capitalの2021年上半期の好業績に寄与しました。

GTキャピタルのカルメロ・マリア・ルザ・バウチスタ社長は、「8月に厳しい規制が課されたにもかかわらず、GTキャピタルの9カ月間の連結業績は、すべてのセクターで力強く回復し、前年比168%の成長を記録しました」と述べた。

また、「自動車、不動産、金融の各子会社で注目すべき成長率が実現した」と付け加えた。

Bautistaは次のように述べている。「報告されたCovid-19症例の最近の減少、移動制限の解除、主要都市におけるワクチン接種を完全に受けた人の増加は、消費者の信頼の顕著な回復をもたらした」。

「このように、パンデミック前の状況に徐々に戻ることで、今年の最後の四半期はプラスのモメンタムがもたらされ、来年にさらに力強い回復への道が開かれるでしょう」と同氏は述べた。

メトロバンクの2021年上半期の純利益は46%増の161億ポンド、連結純利益は2020年上半期の22億ポンドから46億ポンドとなった。

連邦地区の今年第3四半期の連結純利益は9億400万ポンドとなり、前年同期の1億7200万ポンドから425%増加しました。

メトロ・パシフィックの2021年上半期の連結コア純利益は95億ポンドとなり、前年同期の77億ポンドから23%増加しました。

AXAフィリピンの連結純利益は、2021年1月から9月にかけて、前年の23億ポンドから22億ポンドに達した。 アクサの業績は、単品プレミアムの売上が前年比80%増と大幅に伸長したことに牽引されました。

AXAフィリピンは、単一プレミアム製品の売上が大幅に増加したことから、2021年上半期の生命保険料年額47億ポンド(前年同期は37億ポンド)を達成しました。

出所:https://mb.com.ph/2021/11/15/gt-capitals-profits-leap-by-lucky-168/

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you