カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | IT

Holcim Philippinesがカーボンフットプリントの少ないグリーンセメントブランドを発売

green-cement-brand-with-lower-carbon-footprint

Holcim Philippinesは、より多くの建設業者が自らの炭素排出量を削減しようとするため、地元市場にグリーンセメントを導入している。

同社は、他の汎用セメントに比べてカーボン・フットプリントが30%小さい「ホルシムECOPlanet」の発売を発表した。

「ECOPlanetのフィリピンでの発売は、成長する経済と人口を支える建設活動が着実に増加し、より持続可能な建設の重要性に対する国民の意識が高まると予測され、時宜を得たものとなっています」と同社は述べた。

Holcim ECOPlanetは、鉄鉱石精錬の副産物である高炉スラグを添加して製鋼用の銑鉄を製造することにより製造される。 スラグ添加は、コンクリートの耐久性と長期強度を向上させながら、セメントのクリンカ含有量とカーボンフットプリントを低下させる、と同社は説明した。

Holcim PhilippinesのHoria Adrian社長兼最高経営責任者(CEO)は同じ声明の中で、「フィリピンでは、よりグリーンな構造を構築することへの関心が高まっている」と述べている。

「ECOPlanet」は、強さと耐久性を両立させながら、環境に配慮した施工を可能にすることを目的としています。 フィリピンで、よりグリーンで、より賢く、そしてすべての人々のために、私たちが約束しているもう一つの重要なステップです」と同氏は付け加えた。

Holcim Philippinesは、ECOPlanetの環境製品宣言を目指していると述べた。

また、サステナビリティ(持続可能性)への取り組みを支援するために、認定された施設が使用済みのプラスチック袋「ECOPLanet」を回収し、リサイクルするプログラムを開始すると発表した。

出所:https://business.inquirer.net/334848/holcim-launches-new-cement-brand-with-30-percent-lower-carbon-footprint

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you