カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | IT.

IMF、2021年の世界成長率見通しを5.9%に修正

global-growth-projetcs-to-5.9%

国際通貨基金(IMF)は、2021年の世界経済成長率見通しを5.9%に修正し、0.1%ポイント低下させた。これは火曜日に発表された報告書による。

IMFはWorld Economic Outlookの中で、2022年の予測は7月に発表された前回の更新と比較して4.9%と安定していたと述べている。

IMFは、パンデミックによって予想以上に長期にわたる供給不足が引き起こされたことを指摘し、「経済的見通しに対するリスクが増大し、政策のトレードオフが複雑化している」と述べた。

これは、低所得開発途上国グループの経済見通しが「パンデミック・ダイナミクスの悪化」のために著しく悪化した一方で、供給の混乱が先進経済グループにとってより困難な短期的展望を生み出していることを強調した。

先進国は今年、前回の報告書から0.4ポイント下方修正され、5.2%成長すると予測されています。

IMFは、中期的(2022年以降)には、世界全体の成長率が3.3%程度にとどまると予想している。

先進国の経済生産は、パンデミック前の中期予測を上回ると予測されている。なぜなら、米国で可能な政策支援が可能になれば、ポテンシャルが高まる可能性があるからである。

「これとは対照的に、新興市場と開発途上経済グループでは、ワクチンの開発が遅れ、先進国に比べて一般的に政策支援が少ないため、持続的な産出損失が予想されます」と同氏は指摘した。

IMFは、需給のミスマッチと商品価格の上昇によるインフレの上昇を受け、価格圧力は来年になると予想していると述べた。

世界的な組織は、トルコ経済の成長予測を2021年の5.8%から9%に引き上げたが、翌年の予測は3.3%にとどまった。

米国経済については、IMFは2021年に成長率が1%ポイント上昇し、6%に達すると予測している。 世界第2位の経済大国である中国のGDPは、今年は0.1ポイント低下し、8%の増加が見込まれています。

ユーロ圏の成長率は2021年には5%であったが、7月の報告書では5.4%となっている。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1156456

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you