保険業界の幹部は、特にパンデミックの際に、保護商品を手に入れることへの人々の関心が高まっていることが、このような困難な時期にこの部門を浮き彫りにするのに役立つと楽観的な見方を示している。

Pru Life UKシニアバイスプレジデント兼最高顧客マーケティング責任者(CMO)のアラン・タンバガ氏は、水曜日のバーチャル・ブリーフィングで、保険への加入が増えており、調査や調査に基づいて、これを支持する感情が高まっていると述べた。

「今見れば、保険業界は成長している。 以前ほど急速ではないかもしれませんが、パンデミックが起こったことを考えると、現在の制約のすべてを考慮すると、人々はまだ保険に加入しています」と同氏は述べた。

Tumbagaは、調査の興味深い結果として、特に若者の保険商品購入への関心が高まっていると述べた。

「パンデミックは、何も起こらないと思われるから、あなたに何も起こりうることを示している。 「いつも用意しておいたほうがいいよ」と彼は付け加えた。

Tumbagaは、これが保険セクターが成長を楽観視している理由の1つだと述べた。

「保険販売が続き、保険業界が繁栄し、誰もがより保護され、将来を見据えた自信が高まると予想しています」と同氏は述べた。

タンバガ氏によると、昨年のパンデミック以降、保険金請求額は増加したものの、数字は明らかにしなかった。

「増加はあったが、急激なものとは言えない」と付け加えた。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1155069