カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | It

インフレ率は10月に5%に達する見込み

inflation-has-increased-to-5%

昨年10月には、国際市場における原油価格の上昇が続く中、価格は5%に上昇する可能性があります。

2021年10月号のFMIC(First Metro Investment Corporation)とUniversity of Asia and the Pacific(UA&P)の共同出版物「The Market Call」によると、West Texas Intermediate(WTI)の価格は昨年9月に1バレル当たり平均71.65米ドルであったのに対し、Brent原油の価格は同時期に1バレル当たり平均74.49米ドルであった。

しかし、これは2021年9月の国内インフレ率には反映されていないとした。なぜなら、地元石油会社は平均2週間の遅れで価格を調整しているからである。

「価格が上昇を続ける10月には、大きなインパクトが現れるだろう」と付け加えた。

政府のデータを引用すると、昨年9月の輸送価格は、原油価格が約80%上昇したにもかかわらず、前年同月の7.2%から5.2%に下落した。

「しかし、2020年11-12月の大幅な上昇が繰り返されないため、インフレ率は依然として12月から4%を下回る見通しだ」と付け加えた。

昨年9月の物価上昇率は、前月の4.9%から4.8%に緩和され、2019年1月以来の高値となりました。

これまでの平均インフレ率は4.5%で、政府の2%から4%を上回りました。

金融当局は、インフレ率は12月までに目標値内で低下すると予想している。

フィリピン統計局は2021年10月のインフレ率を金曜日に報告する予定である。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1158706

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you