保険会社の2021年上期純利益は29.4%増

Insurers'-net-income

保険委員会(IC)によると、2021年上半期の保険会社のボトムラインは、パンデミックが長期化する中、経済状況の改善と保険適用への関心の高まりから、前年同期比29.4%増の246億ポンドとなった。

保険委員のデニス・ファンナ氏は声明で、6月末時点の生損保と共済組合(MBA)の純利益は2020年の190億3000万ポンドから増加したと発表した。

売上高の代理変数であるプレミアムは、2020年の1,361億ポンドから2021年上半期には1,871億ポンドに37.5%増加した。

また、投資総額も前年度比12.1%増の1兆7,500億円となり、業界全体では10.4%増の1兆9,800億円となりました。

「2021年4-6月期の生保・損保・MBAの保険料・拠出額の伸びと純利益の合計は、COVID-19のパンデミックの中での景気回復を示している」とFuna氏は述べた。

COVID-19は依然として生命と生活に脅威を与えているため、保険会社が顧客に支払った給付額は、2020年の443億ポンドと比較して、1月から6月にかけて469億ポンド(46.7%)増加した。

Funaは、「(第2四半期に支払われた給付金の前年同期比の増加は)COVID-19のパンデミックによってもたらされた課題にもかかわらず、当社の保険会社とMBAが保険会社のニーズに応えていることを浮き彫りにした」と述べた。

ICによると、この業界の6月末の業績に関する最新の数字は、同国の保険会社135社のうち128社が提出した未監査の財務統計によるものだという。

出所:https://business.inquirer.net/333218/insurers-net-income-up-29-4-percent-to-p24-6-billion-in-first-half-of-2021

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you