Aboitiz Equity Ventures(AEV)は、Aboitiz Power Corporation(Aboitiz Power)の株式25.01%をJERA Co.に売却している。 日本最大の発電会社である株式会社(現金11億4600万ドル)

AEVは、フィリピン証券取引所への開示で、アボイティス・ファミリーの非公開親会社も、アボイティズ・パワーの株式1.99%を追加売却することで合意したと述べた。これにより、JERAの取引後持分は、JERA Asia Pteを通じて27.0%となった。 株式会社

AEVは、取引完了後もAbotizPowerの支配権を52.0%保有し、現在の77%から減少する。

アボティスグループ社長兼最高経営責任者(CEO)のセービン・アボイティス氏は「今回の買収は、AEVグループの成長戦略を推進するために使われる多額の資本を解放する」と述べた。

さらに、「最も重要なことは、フィリピンの経済成長を加速させ、クリーンエネルギーの開発を促進することにより、AEVグループがより良い世界のために変革を推進することを支援するという、JERAの信頼、専門知識、コミットメントを歓迎する中で、JERAとの新たな戦略的パートナーシップを期待することである」と付け加えた。

AboitizPower社とJERA社は、LNG-to-Powerプロジェクトの共同開発、LNGの燃料調達と管理、発電所の運転・保守の側面への潜在的な参加、新世代技術の利用の探求など、複数の分野にわたる協力の可能性のある分野を特定した。

AboitizPower社長兼最高経営責任者のEmmunel V. Rubioは、「JERAと協力して、発電ポートフォリオを9,200MWに増やすという10年間のビジョンを達成することを期待しています。これは、3,700MWのRE容量を追加することで、当社のCleanergyと熱ポートフォリオのバランスを50:50にすることができます」と述べた。

売却の内訳は、アボイティズパワー株18億4000万株(1株当たり40.81ペソ)で、9月の終値32.40ペソから19%引き上げられた。 27, 2021.

AEVは、AboitizPowerの資産のデュー・デリジェンス・レビューの後、JERAが評価を行ったと述べた。 金額は、終了時に全額支払われるものとする。ただし、署名から終了までに分配された配当については、調整するものとする。

売却は、取引終了後、PSEの承認を得て、特別一括売却により実施される。 通常の決算条件には、適用されるフィリピン競争委員会(PCC)プロセスの完了、および2021年12月9日に予定されている特別株主総会を通じたAEV株主による承認および承認も含まれる。

JERAのフィリピンの関連会社であるTPECホールディングス社は、AboitizPower社の火力発電資産の持株会社であるPagbilao Energy Corporationのサーマパワー社の合弁会社です。

AEVは、「今回の買収とその利息は、アボティズパワーが日本最大の発電機の経験と専門知識から恩恵を受けることを可能にし、AEVに多額の現金収入を提供することで、アボティズ・グループの成長目標を追求することを可能にします」と述べた。

さらに、この取引によりAEVの炭素エクスポージャーが純減し、AEVの資金調達の柔軟性が高まり、成長計画の資金調達に多額の先行資金が利用できるようになり、AEVは引き続きAboitizPowerを所有、支配、統合することになると付け加えた。

出所:https://mb.com.ph/2021/09/27/aboitiz-power-sells-25-to-japans-jera-for-1-46-b/