カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | It

ジョリビーが台湾のミルクティー会社の株式の過半数を取得

Jollibee's-Taiwanese-milk-tea-brand

ジョリビーフーズ 台湾のミルクティー・ブランド「ミルクシャ」を買収し、数十億ドル規模のミルクティー業界に目を向けた。

フィリピン証券取引所への開示で、ファストフード大手のミルクショップ・インターナショナル(NYSE:MI)の株式の過半数を取得すると発表した。 株式会社 ミルクシャを約1,280万ドルで所有している。

日本公庫は、2021年6月にミルクシャを狂ったミルクティー消費者に引き渡すと公表した。 ただ、日本公庫及びその子会社であるフレッシュNのフェイマスフーズ(株)は、 およびMang Inasal Philippines Inc. 「ミルクシャ」ブランドの商品を店頭で独占販売する権利を取得しました。

買収が完了すれば、ミルクショップの共同創業者の1人が49%を保有することになります。

国際市場に参入した際に「ミルクシャ」を使用したミルクティーメーカーは、台湾に250店舗を超える店舗を展開している。 メルボルン、バンクーバー、シンガポールにも出店しています。

ミルクティーは、2008年に台湾の台南市に設立されました。 バブルティーに使用される牛乳は、自社の酪農場から生産されている。

日本公庫によると、パンデミックにもかかわらず、台湾のミルクティーメーカーの2020年の売上高は前年比12%増の7,470万ドルとなった。

これは、日本公庫が過去10年間に開始した多くの国際的な進出の一つである。 数日前には、日本のファストフードチェーン「よしのや」とフランチャイズ契約を結び、日本公庫が全国の既存店舗を所有・運営できるようになった。

日本公庫の株価は、木曜日の終値までに238ペソで2.59%上昇した。

出所:https://www.philstar.com/business/2021/11/04/2138959/jfc-acquire-majority-stake-taiwanese-milk-tea-firm

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you