ジョリビーは1,000ペソで最大120億ペソの優先株を売却

JFC-to-sell-up-to-12-billion

ファーストフード大手のジョリビー・フーズ (日本公庫)はフィリピン証券取引所から、2シリーズの永久優先株式から120億ポンドを調達することを承認された。

シリーズAは、最初の3年間、年率3.2821%の固定配当を実施し、その後、日本公庫は、現行の7年間のベンチマークに4%のスプレッドを加えた上で、より高い利率を支払わなければならない。

B系列の配当率は、最初の5年間は年率4.2405%であるが、その後、日本公庫は、10年目のベンチマークに4%のスプレッドを加えた上で、より高い金利を支払わなければならない。

両方の系列について、最初の配当率が再計算された配当率よりも高い場合、当初の配当率が適用されるであろう。

急激なコストのために、もし残されたと見なされなければ、ステップアップ・レートを有する永久優先株式の発行者は、通常、合成満期に達した時点でこれらの証券を償還するオプションを行使する。

日本公庫は、優先株式120億株を上限として、1,000ペソで一般に売却することが認められた。 ベース・オファリングは800万株で構成されているが、好調な需要があれば400万株増えるオプションがある。

公募は9月から行われる。 10月18日から10月4日まで、優先株式は10月14日に地元のメインボードに上場される。

日本公庫は、BPIキャピタル(株)に委任している。 発行マネジャーとして。 BDOキャピタル・アンド・インベストメント、BPIキャピタル、チャイナ・バンク・キャピタルは、引受会社と書籍会社の合弁会社である。 SBキャピタル・インベストメント(株)

この発行は、証券取引委員会が今後3年以内に発行登録を承認した200億円を上限とする日本公庫優先株式の最初のトランシェとなる。

優先株式は、累積株式、無議決権株式、無配当株式、非転換株式および買戻消却可能永久株式である。

なお、正味収入の一部は、日本公庫のシニア永久債の一部償還に充当する。 これにより、日本公庫のバランスシートが強化され、米ドルの永久債の償還やその他の債務の削減により為替エクスポージャーが解消されるとみられる。

残りの資金は、新しい店舗やコミッサリーのための設備投資に充てられる。

日本公庫の100%子会社であるゼニス・フーズ(株)では、ビサヤス、ミンダナオのビジネスニーズに対応するため、セブに新たなコミッサリーの建設を計画しています。

日本公庫では、2021年に450店舗の新規出店を国内外の各ブランドに展開する予定である。 過去最高の122億ポンドの設備投資が予算計上されている。

日本公庫は、本優先株式の発行は、当期純利益の33%を配当する年間配当政策に影響を及ぼさないと述べている。

出所:https://business.inquirer.net/331235/jollibee-selling-preferred-shares-at-p-1000-each-to-raise-p-12b

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you