フィリピンは、ヌエバ・エシジャで同国最大のソーラーパークが増加することから、今後、再生可能エネルギー源を増やすことが期待されている。

フィリピンの声明によると、ソーラー・エナジー・ゾーンズ(Solar Energy Zones, Inc.)の設立を発表した。 Batangas、Nueva Ecija、Tarlacにある1万ヘクタールの土地で太陽光発電プロジェクトを主催する(SEZ)。

ソーラー・フィリピンの創業者であるLeandro Leviste氏は、太陽光発電所の新規需要の増加に伴い、プロジェクトを実施するための土地が不足していると述べた。

Leviste氏によると、SEZはインドのソーラーパークに触発されており、企業は自社のソーラープロジェクトのために共同立地できるという。

「我々の目的は、もはや同国の電力会社と競合することではなく、太陽光発電が間もなくフィリピン最大の新エネルギー源となることを確実にするために、同国の電力会社がプロジェクトを建設できるようにすることです」と同氏は述べた。

Leviste氏はSEZに加え、企業が大規模な太陽光発電所を建設できるよう支援すると付け加えた。

「現在、電力業界は、他社の参入を支援するためにこれらのサイトを提供していると確信している」と同氏は述べた。

今後数カ月のうちに、SEZは今後5年以内に太陽光発電プロジェクトを建設する将来のロケーターを発表する予定である。

「これらの太陽光発電容量は、これまでの同国の太陽光発電容量の数倍となり、同国のエネルギーミックスに占める太陽光発電の割合が大きくなるだろう」とSolar Philippines氏は述べた。

DOE(Department of Energy)は、同国がDuterte政権時代以降、再生可能エネルギー資源を拡大することを目指している。

DOEのデータによると、2016年から2020年の間に約7,399メガワットのクリーンエネルギーが導入された。

DOEのAlfonso Cusi長官は、太陽光発電が大きな割合を占める再生可能エネルギーの促進は、気候変動に関するパリ協定への同国のコミットメントの一部であると述べた。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1155515