同国におけるLNG(液化天然ガス)プロジェクトへの投資は加速しており、マランパヤガス田の閉鎖が迫っており、DOE(Department of Energy)は7つのLNGプロジェクトに緑色の光を与えている。

フィッチ・グループの調査グループ、フィリピンのフィッチ・ソリューションズ氏は、フィリピンは「エネルギーに飢えた国内市場と域内の豊富な貿易機会」を持つエネルギー投資の「非常に興味深い」分野になると述べた。

Fitch Solutionsは水曜日に発表したコメントの中で、「DOEから進むべきとの通知を受けたプロジェクトの数は、2020年代半ばまでに、マランパヤの減少予測に先立って、新興企業をターゲットとする7つのプロジェクトに増えた」と述べた。

これらのLNGプロジェクトはファーストジェン社の投資である。 また、東京ガス、バタンガス・クリーン・エネルギー、エクセレレート・エナジー、エナジー・ワールド、バイアス・エナジー、シェル、マニラのアトランティック・ガルフ&パシフィック・カンパニーである。

フィッチ・ソリューションズは、マランパのガス田が完全に枯渇する前に、フィリピンが電源を入れ替えることが重要であると付け加えた。

マランパは、ルソンの電力需要の30%、全電力需要の20%を供給する唯一の重要な石油・ガス供給源である。

「この分野でのガス生産の漸進的な削減は、すでに消費者の電力コストを押し上げ、島々をまたいで回転停電を引き起こしている。置き換えを行わないで完全に停止することは、企業にとってもエンドユーザーにとっても大きなダメージを与えることになるだろう」と付け加えた。

フィッチ・ソリューションズは、西フィリピン海における石油・ガス探鉱のモラトリアム解除は、同国が他の電源を見つけるのに役立つと述べた。

しかし、企業が緊張と不確実性が高まっている地域に投資したくないため、紛争水域の状況をより明確にする必要があると付け加えた。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1150864