フィリピン政府の貿易・産業省は、ノッチ・ブーナ製品の製造業者や小売業者に対し、来るクリスマス休暇の現在の価格を維持するよう促している。

DTIコンシューマー・プロテクション・グループのルス・カステロ次官は、ラギング・ハンダの公開説明会で、これらの製品の価格を維持することは、クリスマスシーズンを2年連続で祝うフィリピン人にとって救いになるだろうと述べた。

「今年はクリスマス商品の値上げを行わないようメーカーにお願いします。 あるいは、もし増やす必要があれば、絶対的に最低限のレベルでしか増やさない」とフィリピン人は言った。

カステロは昨年、これらの製品のサプライヤーに対し、2019年の希望小売価格(SRP)を維持するよう説得したと発表した。

DTIは10月末から11月初旬までにノッチ・ブエナ製品のSRPリストを発行する見込みだという。

一方、カステロは、昨年8月29日にリリースされた新SRP基本製品リストは、すぐに発効すると述べた。

「価格を引き上げたSRP誌には216項目中76項目が掲載されています」と同氏は付け加えた。

Easy POS sets your establishment the right way by helping you manage day-to-day transactions on the dot.

Click to Learn More.

Easy POS sets your establishment the right way by helping you manage day-to-day transactions on the dot.

Click to Learn More.

これらの製品には、缶詰、インスタントヌードル、コーヒー、ミルク、調味料、および洗剤石鹸のような非食品が含まれる。

Casteloによると、価格の上昇幅はPHP0.20からPHP1までで、これは絶対的な最低値である。

しかし、同社は2019年に価格引き上げの要請を受けているものの、DTIは先月まで価格引き上げを承認しなかったため、ある角質牛肉ブランドがPHP2.75まで値上げしたと述べた。

「製造業者も、過去2年間、このことを求めてきたので、理解しなければならない。 2019年以降、価格引き上げの要請が多く、一部の要請は2018年にさかのぼりました。 「インフレのため、これまでは許さなかったのです」とCastelo氏は付け加えた。

彼女は消費者に、エージェンシーが毎日基本商品と主要商品の価格を監視することを保証し、SRPリストを超えて報告された値上げについての問い合わせ状を直ちに発行した。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1152363

Easy POS sets your establishment the right way by helping you manage day-to-day transactions on the dot.

Click to Learn More.

Easy POS sets your establishment the right way by helping you manage day-to-day transactions on the dot.

Click to Learn More.