政府は、パコ・マニラの2ヘクタールの資産を、電力セクター資産・負債管理公社と共に売却した。 (PSALM)マニラ電機(株)の宣言 (Meralco)は「勝者」として、6億3220万ポンド(5億2700万ポンド)のオファーを提供した。これは、フロア価格の5億2700万ポンドを約17%上回る。

しかし、PSALMは声明の中で、メラルコが実際に交渉された販売プロセスのすべての要件を満たしていることを検証するために、これは依然として事後資格審査の対象であることを明らかにしました。

PSALMのアイリーン・ベシド・ガルシア社長兼最高経営責任者(CEO)は、「パコ・マニラ資産の民営化を数回試みた後、最終的に……PSALM取締役会が設定した最低買収価格を大幅に上回る金額で民営化プロセスが完了したことは非常に嬉しい」と述べた。

総面積20,975平方メートル(平方メートル)、総面積2ヘクタールを超える8つの非隣接ロットから成るパコ・マニラ資産は、マニラのイスラ・ド・プロビザーに所在している。

2008年に売却したマニラ火力発電所の跡地です。

8区画のうち、最大区画は10,025.4平方m、最小区画は3.8平方mである。 297.4平方メートルの土地所有権を共有する。

PSALMによると、この敷地は主要なショッピングモール、政府機関、大学、事業所の近くにあり、首都圏にあるという。 Psalmによると、敷地周辺は中強度混合地帯と大学クラスター地帯に分類された。

出所:https://business.inquirer.net/330575/meralco-bags-paco-manila-property-for-p-632-2m