カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | IT

現在、「トップアップ」による資金調達を行っている企業

Now-Corporation

テレコム・メディア・アンド・テクノロジー持株会社ナウ 少数の投資家に株式を売却することで、最大8億ポンドの増資を行う計画を進めている。

現在の取締役会は、発行済み株式総数の8.14%にあたる1億6000万株を30日間の出来高加重平均価格の5%割引に基づいて発行することを承認した。

同情報開示によると、今回の買収案件の売却収入は、今回の拡大案件の資金となる。

同社はビジネスマンのMel Velardeを中心に、ソフトライセンス・サービス事業、IT人材・資源増強事業、ブロードバンド・ワイヤレスケーブルテレビ事業の3つの事業セグメントを展開している。

株式公開は「トップ・アップ」で行われ、既存株主は当初、流通株式を売却するが、最終的には同数の新株を会社の授権資本から同じ価格で購入する。 株式を貸し付けることで、より迅速な資金調達が可能となる。

この場合、開示によると、株式は「適格」の買い手または洗練された機関投資家、および/または19社を超える不適格買い手に売却されることになり、公募ではなく私募となる。

また、PNB Capital and Investment Co.の任務の更新を承認した。 2021年12月13日から1年間、このトップアップ・プレースメント取引の発行マネージャー、ファイナンシャル・アドバイザー、ブックランナーとして、Cruz Marcelo & Tenefrancia Law Firmは取引顧問として残された。

National Telecommunications Commission (NTC) が同社の関連会社に課した未払いの監督・規制料(SRF)に関する報告に関し、Netw Telecom Co., Co., は、2005年以前に、Telecomが評価を受け、1,000万P未満の金額でSRFを支払っていたことを明らかにした。

「2005年に、NTCはSRFを1億2600万ポンドで計算した。これは、裁判所で現在争われているところである」と同情報開示は述べている。

「ニュース記事とは対照的に、テレコムは現在26億ポンドの債務を負っていない。 今日まで、支払期限が到来し、要求されるSRFの最終的な金額は存在しない……テレコムは、争われた金額を除いて、最近の2021年の時点で、その年間SRFを熱心に支払っている」と付け加えた。

出所:https://business.inquirer.net/336707/now-corp-raising-capital-via-top-up-placement-scheme

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you