カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | IT

10月のインフレ率は4.3~4.7%に鈍化した

slowdown-in-inflation-rate

フィリピンを注視するほとんどのエコノミストは、食料価格の上昇が緩和されるにつれて、10月のインフレ率がさらに鈍化すると予想しているが、依然として目標を上回っている。一方、原油高は消費者物価の上昇リスクを高めている。

先週10月19日に調査会社が集めたインフレ予測のうち、10社は、基礎商品価格の上昇率が9月の4.8%を下回る4.3%から4.7%に緩和されると予測していました。 フィリピン統計局(PSA)は11月5日に10月のインフレ報告書を発表する。

ロンドンに本拠を置くキャピタル・エコノミクス社は、前年比4.3%という最低の予測を示したが、経済成長と回復に資する管理可能な物価上昇率の目標値である2~4%を上回った。

アテネ・デ・マニラ大学のセル・パーシバル・ペニャ・レイエス、ゴールドマン・サックス・エコノミクス・リサーチ、オックスフォード・エコノミクス、土谷真子、フィリピン国立銀行のアルビン・ジョセフ・アロゴは、同じ4.6%の予測を共有した。

バークレイズ・シュレーヤ・ソダニ、BDOユニバンクのジョナサン・ラベラス、シティのナリン・シュトチタム、スタンダード・チャータードのジョナサン・コー、ユニオンバンクのルベン・カルロ・アサンシオンの予想は4.7%だった。

HSBC Global Researchは10月のインフレ率を9月のインフレ率と同じ4.8%と見積もっており、安全保障銀行のロバート・ダン・ロセスは、「食料は依然として高水準であり、食肉輸入の遅れなどの供給障害の影響を受けやすい」ため、4.9%上昇すると予測している。

残りの予測は5%を超えており、これは2018年12月に見られた5.1%を超えていた。

ANZのサンジェイ・マチュル氏、INGのニコラス・アントニオ・マパ氏、ムーディーズ・アナリティクスのソニア・ズー氏、リザル・コマーシャル・バンキングのマイケル・リカフォート氏、サン・ファイナンシャルのパトリック・エラ氏は10月に5%、アジア・太平洋大学のビクター・アボラ氏は5.1%の出版を見込んでいる。

Pantheon Macroeconomics社のMiguel Chanco社は先月、前年比5.3%のインフレ率と最も高い予測を示しました。

出所:https://business.inquirer.net/333563/oct-inflation-seen-slowing-to-4-3-4-7

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you