フィリピンの9億1,900万Pのバイオマスプラントが12月に稼動開始

Biomass-plant-in-Ph

投資委員会(BOI)はLibertad Power and Energy Corp.のPHP9億1,900万バイオマスプラントを承認した。 今年12月までに稼動する予定です。

バイオマス発電所はオーロラ、ザンボアンガ・デル・スルにあり、発電能力は6メガワットである。

BOIは、バイオマス発電所は、流通事業者、産業顧客、卸電力スポット市場に生産物を販売する予定であると述べた。

商業運転開始後、バイオマスプラントは、プロジェクトの建設で創出された300人の雇用を除き、60人の従業員を雇用する。

「ミンダナオ州の電力需要は、パンデミック後のシナリオに備えた経済成長の復活により、増加を続けるだろう。 「この需要を維持し、消費者への電力供給が妨げられないようにするためには、キャパシティ・ビルディングが必要です」と、Trade Undersecretary兼BOIマネジング・ヘッドのセフェリノ・ロドルフォ氏は火曜日の声明で述べた。

Rodolfoは、この種のプロジェクトはミンダナオの送電網に容量を追加し、2040年までに823MWのバイオマス発電目標容量にも貢献すると述べた。

バイオマス・プロジェクトは、BOIの2020年投資優先計画(IPP)に含まれている。これは、再生可能エネルギー・プロジェクトがIPPの特別法の対象となっているためである。

バイオマスプラントでは、もみ殻、ヤシ殻、稲わら、トウモロコシの穂軸、木材チップ、ココナッツなどを利用して発電を行っています。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1157085

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you