フィリピン航空は、航空需要の減少が続く中、今年末までに破産法の適用を申請している。 これ以上の人員削減は見込んでいない。 また、限定された目的地に出入りする船隊規模の縮小も見込んでいる。

赤字を計上している同社は先週末、米国で破産法11条の適用を申請し、債務が20億ドル以上削減され、航空機の保有機数が25%減少すると発表した。 同社社長のギルバート・サンタ・マリア氏は、月曜日の記者会見で、PALが選択した復興への道筋は「航空業界では異例」であり、「破産法11条の手続きに長くとどまるとは予想していない」と述べた。

サンタマリア氏は「年内には撤退する見込み」と述べた。 「米国の第11章の素晴らしい点は透明だから、予測可能だ。 そして、それは予測可能なので、我々は、これが期待されるときに完成するという高い確信を持っている」と述べた。

連邦破産法11条の適用により、財務再建中に財務的に破綻した企業は事業を継続できるようになり、PALは、危機以前の92機から70機に規模を縮小し、22機(主に全身型機)を貸主に返却することになる。 サンタマリアは3月中旬に人員を30%削減した後、人員削減は行わないと発表した。

会社更生手続きが終わったら、PALは「リストラ後の活動を促進するため」、新規投資家から1億5000万ドルを借り入れる。

サンタマリア氏は「1年前から、ベンダーや債権者との交渉を開始し、それ以来誠意を持って交渉してきた」と述べた。 破産申請は、フラッグキャリアにとっては長い歴史がある。フラッグキャリアは現在、パンデミック前の便の21%を通常の目的地の70%に運航している。

サンタマリアは、事前に計画されたリストラ計画を策定するまでには、株主、航空機賃貸人、銀行と数カ月にわたって厳しい議論を重ねてきたと発表した。 「われわれは基本的に彼らにわれわれの生存を再保証している」と同氏は記者たちに語った。

旗艦会社のリストラ計画は、ニューヨーク南部地区の裁判所の承認を得なければならない。 同社はまた、2010年金融破綻更生法(FRIA)に基づく自宅での並行申請も完了する予定である。

出所:https://www.philstar.com/business/2021/09/06/2125232/pal-targets-exit-bankruptcy-2021-ends