フィリピン政府機関は10月に事業運営能力を増強する計画

increased-business-cap-in-October

通商産業省(DTI)のラモン・ロペス長官は、来月、警告レベル4に該当する地域での事業の許容稼働能力の拡大を検討していると述べた。

これは、マニラ首都圏の警戒レベル・システムのパイロット・ウィークとして、「いいスタート」と「安全」であったと、LopezはCNNフィリピンとのインタビューで述べた。

「我々は、運転能力を10%から20%に引き上げることを検討する。これは、それが安全であるとみなされ、顧客が(プロトコルに)高度に準拠しているからである。 「このプロトコールをもう少し支持するのは理にかなっています」と、英語とフィリピン語を混在させて語った。

同氏は、マニラ首都圏における警報レベル4の最終日の後、10月までにこれを開始できると付け加えた。

マニラ首都圏では現在、屋外でのダイニング・インを最大30%、屋内でのダイニング・イン・サービスを最大10%許可する新しい警報レベル・システムが導入されています。

パーソナルケアサービスにも同じ操作能力が適用された。

ロペスは、店舗の容積を増やすほか、体育館を警告レベル4に再開することも検討していると述べた。

警告レベル4の下のプロトコルは、現行の改良型地域検疫(MECQ)プロトコルと同等である。

一方、コロナウイルス病2019(コビッド-19)デルタ変異型感染を抑制するための地域検疫プロトコールが厳しくなったため、ロペスは9月の調査でマニラ首都圏の企業の16%が閉鎖されたと発表した。

これは、2021年6月調査の10%から増加した。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1154355

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you