フィリピンの銀行貸出が再び増加する

credit-growth-improvement-in-September

信用成長率は2カ月連続で改善し、9月には2.7%上昇しました。フィリピンの銀行全体の貸出姿勢が緩やかに回復し、景気の先行きも改善したことを受けて、バンコ・セントラル・ピリピナス(BSP)が発表したデータは示しています。

ユニバーサル・バンクと商業銀行の融資残高は9月末に9兆2500億ポンドに達し、前年同期の9兆1000億ポンドを2,410億ポンド上回りました。

BSPのベンジャミン・ディオクノ知事は、9月の前年同月比2.7%増は8月の1.3%増を上回ったと述べた。

「ユニバーサル・バンクと商業銀行の貸出残高が増加したのは、パンデミック対策の緩やかな解除により、銀行全体の貸出態度が緩やかに回復し、経済見通しが改善したことを反映している」とDiokno氏は述べた。

大手行の貸出は、銀行のリスク回避姿勢が続く中、昨年12月以降減少傾向にある一方、パンデミックによる不確実性のため、借り手からの需要は依然として緩やかである。

世界的な保健危機の経済への影響を緩和するためにBSPが行った200ベーシス・ポイントの金利引き下げや準備預金比率の引き下げなどの積極的な緩和策により、銀行貸出は、BSPが基準金利を引き下げた8月から9か月後にようやく回復し始めた。

「低金利政策は、銀行が自らの貸出金利を引き下げ、それによって与信活動を促進することに影響を与えることを意図していた。 一方、準備預金の水準を引き下げることは、貸付可能資金の量を増やすことを意図している」とディオクノ氏は、第32回全国統計月間の閉会挨拶で述べた。

生産活動のための貸付残高は4.4%増の8兆1,900億ポンドと、9月末の貸付残高の88.6%を占めています。

不動産業向け貸出は、前年比7.2%増の1兆8,200億ポンド(19.7%)、製造業向け貸出は、前年比4.4%増の1兆5,000億ポンド(11.3%)となった。 電力、ガス、蒸気、空調供給部門への融資は3.2%増加し、1兆4,000億ポンドとなり、11.3%のシェアを占めた。

一方、卸売・小売業向け、自動車・二輪車修理向けの貸出は、1.7%減の1兆8,000億ポンドとなり、11.7%のシェアを占めた。

同様に、BSPのデータによれば、消費者ローンは7.8%減の8,014億ポンド(9月末)で、貸出全体の8.7%を占めるまでに縮小した。

COVIDの影響から景気が回復するにつれて借り手のデフォルト率が改善したにもかかわらず、クレジットカードローンは4,034億ポンドから4,024億ポンドに0.3%減少した。

同様に、自動車ローンも3,680億3,000万ポンドから3,107億7,000万ポンドに15.6%減少した。

BSPは、パンデミックによる景気後退からの経済の完全な回復を支援するため、緩和的な金融政策姿勢を維持することにコミットしている。

ディオクノCEOは、BSPは、規制当局の物価・金融安定化義務に沿って、景気回復がさらに牽引されるよう、適切な金融政策支援を提供し続けると述べた。

「国の財政・保健対策とともに、BSPの金融政策上のレバレッジを着実に維持することは、引き続き内需と市場の信頼を高めることに役立つだろう」とDiokno氏は述べた。

出所:https://www.philstar.com/business/2021/10/30/2137629/bank-lending-picks-anew

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you