最新の2021年前半の銀行セクター展望調査の結果によれば、不良債権が増えているにもかかわらず、ロックダウンや流動性の制約が頻繁にあるため、多くの顧客が財務上の困難に直面しているにもかかわらず、フィリピンの銀行は、今後2年間で資産、貸出、投資、預金、純利益の2桁成長を期待している。

バンコ・セントラル・ピリピナスのベンジャミン・ディオクノ総裁は、銀行システムに対する強い期待は「同国経済の力強い中期的展望に対する自信の証である」と述べた。

また、地方の貸し手は、制度の安定性を促進し、成長する経済の必要性を支える能力を強化するために、バーゼルの自己資本と流動性比率を国内および世界の基準よりも高い水準に維持する意向である。

一方、不良債権比率については、今後2年間で5%を超えるとの回答が過半数を占めている。

ユニバーサル・バンクとコマーシャル・バンクは、今後2年間で不良債権比率が3.0%から6.5%に低下するとみている。

しかし、不良債権担保率が50.0%超~100.0%となる銀行が増えており、信用リスク管理に対する慎重さが高まっている。

「銀行の予測は、BSPの2021年の不良債権推計と整合的である。 Diokno氏は、「金融機関の戦略的移転法の制定、および2021年前半の施行規則の制定は、金融システムにおける不良債権の蓄積を抑制するのに役立つ」と述べた。

また、銀行は、貸出の3.0%~5.0%という当初の予測から、貸出条件緩和後の貸出比率が5.0%を超えると予想している。 これは、銀行が借り手に対して貸付返済条件の変更を通じた資金救済を継続的に行っていることを反映している。

出所:https://manilastandard.net/mobile/article/363117