食品原料・プラスチックメーカーのD&L Industries社は、伝染性の高いDelta変異株の脅威にもかかわらず、主に米国での1日当たりのワクチン接種率が高いことを理由に、今年はパンデミック前の収益水準に戻ると楽観的である。

なお、上期の収入が年々安定していると仮定すると、2019年の所得水準に到達する見通しです。 さらに、クリスマスシーズンの開始、2022年の選挙キャンペーンによる追加支出の増加、上向きのサプライズをもたらすことができる同国のワクチン接種活動の進展など、新たなプラスの触媒が現れつつあることがわかりました」とアルビン・ラオ大統領は言う。

ラオスは、強化された地域検疫(ECQ)と改良された地域検疫(MECQ)が実施された4-6月期に起きたことに基づいて、今月のCovid-19のDelta変異型に対する最も厳格なロックダウン措置の再賦課の影響が最小限であることを希望した。

4-6月期の純利益は前年同期比134%増の6億7100万ポンドだった。 この結果、上半期の利益は13億9千万ポンドとなり、前年同期比74%増となりました。

ラオスはまた、東南アジアの近隣諸国で報告されているデルタの1日の症例数が多いことを挙げている。

「これまでのところ、フィリピンでは、これまでに見たよりも日々の数が増えていない。 木をノックする。 このECQがうまく機能することを願っています。 もしそれがうまくいけば、第3四半期は第1四半期と第2四半期と同じ水準になるはずだという確信があると思う」と付け加えた。

この傾向が続くと、ラオスは2022年に過去最高益を記録し、2018年には31億8,700万PHPを計上する可能性があると述べた。

同氏によると、従業員のワクチン接種率は現在80%を超えているという。

「われわれは引き続き人々にワクチン接種を奨励し、同僚の労働者を安全に保ち、家族を安全に保つことに重点を置いている」と同氏は述べた。

出典:
https://www.pna.gov.ph/articles/1150167