フィリピン中央銀行、第3四半期に46億6,000万ドルの海外融資を承認

BSP-on-foreign-loans-in-Q3

中央銀行は、COVID-19のパンデミックが続く中、経済回復のための資金調達を支援するため、2021年第3四半期に政府からの外国借入を前年同期比で20%近く増加させた。

バンコ・セントラル・ピリピナス(BSP)は声明で、2021年7月から9月の間に総額46億6,000万ドルの公共セクター外国借入を承認する方針を明らかにした。

これは、2020年の同時期に承認された39億2,000万ドルの対外借入を18.9%上回った。

中央銀行によると、これらの借入は、1件・計30億ドルの社債発行、3件・計8億5,594万ドルのプロジェクト・ローン、2件・計8億ドルのプログラム・ローンから構成されている。

BSPは、資金とプログラムを以下のように列挙した。

• 一般的な資金調達必要額30億ドル

• 青少年の雇用と金融セクターに8億ドル

• 災害に強いための3億ドル

• 農業セクター支援2億8,000万ドル

• 緊急対応のための2億7,594万ドル

1987年憲法の下では、フィリピン共和国が契約または保証するすべての外国融資について、中央銀行の事前承認(7人の金融委員会を通じた)が必要とされている。

同様に、指示書番号 また、1974年1月21日付の158では、国、政府機関、政府金融機関からのすべての外国借入提案書を、実際の交渉開始前に、原則として金融委員会の承認を得ることが求められている。

財務省は以前、長期化するCOVID-19のパンデミックとの闘いを支援するためにフィリピンが保証した外国からの融資は、現在までに225億1000万ドル、1兆1,000億ポンドを超えていると述べていた。

最新のデータによれば、COVID-19の対応に充当された200億6,000万ドルの対外融資、グラント、商業借入が国家予算に注入された。

多国間融資機関および二国間開発パートナーからフィリピンに供与されたグラントの総額は5,406万ドルで、パンデミック対策関連の特定のプロジェクトに対する貸付は23億9,000万ドルに達した。

BSPは先に、同国の対外債務プロファイルは管理可能であり、国政府のパンデミック対策を支援するために海外からの借入が増えているにもかかわらず、今後も管理可能であると述べた。

外国からの借入は2020年に149億ドル増加したものの、同国の管理可能な債務プロファイル、相対的に低い対外債務対国内総生産比率、低い債務返済比率に鑑み、同国経済は、満期を迎えた外国債務にサービスを提供する能力を持ち続けているとベンジャミン・ディオクノ総裁は述べた。

出所:https://business.inquirer.net/332333/bsp-oks-4-66b-more-foreign-loans-a-spike-of-nearly-20-percent

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you