フィリピン中央銀行は9月6日、米議会で審議中の金融消費者保護法案は、脅迫やハラスメントなどの不当なクレジットカード回収技術からフィリピン人を保護するのに役立つと述べた。

Bangko Sentral ng Pilipinas (BSP)のベンジャミン・ディオクノ知事によると、この法律案は、消費者にオンライン詐欺をより効果的に防止するものでもあるという。

BSPのトップは声明の中で、「この法案は、特にデジタル取引の増加の中で、消費者に広範な恩恵をもたらす」と述べた。 金融セクターにおける改革案は、規制当局の権限を強化し、金融消費者の利益を保護するための適切なメカニズムが整備されることを確保する。

銀行、金融機関、通貨委員会で上院で審議中の消費者保護法案に基づき、金融当局は、金融消費者に対する脅迫または嫌がらせとみなされる不公正な回収慣行の場合、事前の審理を必要とせずに、排除措置命令を発出することができる。

未償却のATM引き出しの場合、預金銀行およびATMを運営する銀行の双方がカード所有者に対して責任を負うことがある。 ただし、いずれの当事者も顧客のクレームを解決する意思がない場合、消費者は、裁定プロセスを経て、BSPに直接クレームを申し立てることができる。

加えて、オンラインショッピングにおけるクレジットカード詐欺の原因となっていると判明した金融サービスプロバイダは、制裁の対象となる可能性がある。 これらには、罰金、猶予又は罰金が含まれる。

Dioknoは、消費者保護は規制当局、消費者、その他の利害関係者の間で共有された責任であると強調した。

「消費者福祉はBSPの継続的な課題である」と同氏は述べた。 「私たちは、金融機関、銀行組織、関連パートナー、利害関係者に、消費者保護の取り組みを強く求めています。なぜなら、いかなる主体も単独で取り組むには責任が大きすぎるからです」

BSPは、委員会の公聴会への積極的な参加と上院との調整を通じて、金融消費者保護法の可決を提唱することにより、金融の安定と消費者保護を促進することに引き続きコミットしている、と同氏は説明した。

出所:https://business.inquirer.net/330155/bsp-pushes-bill-to-protect-consumers-vs-harassment-threats-from-credit-collectors