カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | IT

フィリピン企業は2022年に給与予算を5.6%引き上げた

5.6%-salary-raise

フィリピンに本拠を置く企業は、2022年までに平均給与予算を5.6%増額する計画だ。これは、グローバル・アドバイザリー、ブローキング、ソリューション・カンパニー、ウィリス・タワーズ・ワトソンがまとめた最新の調査による。

来年の同国の予想昇給率は、アジア太平洋地域の予測平均昇給率5.3%を上回る。

フィリピンの昇給率は、日本(2.5%)、オーストラリア(3.4%)、台湾(3.5%)、香港(3.6%)、シンガポール(3.7%)、韓国(4.1%)、タイ(4.6%)、マレーシア(5%)などアジア太平洋諸国の昇給率を上回っている。

中国の企業は、従業員の給与をさらに5.9%、インドネシアを6.5%、ベトナムを7.4%、インドを8.8%引き上げると予想されている。

「昇給が復活している。 Willis Towers Watsonは月曜日の声明の中で、フィリピンの企業は、パンデミックからの経済的悪化から回復し、従業員の誘致と定着に困難が高まる中で、従業員を来年より多く増やす計画を立てている、と述べた。

同社は、医療技術、ビジネスプロセスアウトソーシングを含むビジネスサポートサービス、製造業など、平均昇給予算が最も高い業種を挙げている。

「業績見通しについては、フィリピンの51%近くの企業が目標通りの業績を期待しているが、43.8%は今年目標を上回ると予想している」と付け加えた。

調査対象企業のうち、65.3%が今後12カ月間従業員数を維持する予定であると回答し、25.8%が従業員を増員すると回答し、8.9%がパンデミックの影響により従業員数を削減すると回答した。

調査によれば、企業は今後12カ月以内に、販売、情報技術、エンジニアリングなどの機能において、より多くの雇用を創出する可能性がある。

企業は、特にマンパワー・クランチの可能性のある分野において、報酬を引き上げる必要性を認識している。 Willis Towers Watson Philippines Rewards, Data & Software Practice Leader Chantal Querubinは、このような状況から、組織は、定額昇給に代わる選択肢(サインオン、定着ボーナス、機能・スキルプレミアム、中間調整、昇給など)を模索するようになったと述べています。

クエルビンCEOは、パンデミックの中での労働条件が雇用者に「健全な従業員価値提案」を提供し、トータルな報酬プログラムを提供するよう促していると述べた。

「現時点では競争力のある給与を超えて、企業は従業員の雇用を促進するために、さまざまな給付、福利厚生、スキルアッププログラムに支出を集中させる必要があります」と同氏は述べた。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1157006

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you