フィリピンのコンタクトセンターセクターは、世界的な産業のペースに乗って、今年は回復すると予測されている。

フィリピンコンタクトセンター協会(CCAP)によれば、地場産業の収入は9%増加し、世界の7-8%の成長を上回る。

フィリピンのコンタクトセンターの常勤雇用も8~9%増加し、世界の6~7%の成長を上回る。

「フィリピンは市場とともに回復していますが、我々は高度に差別化されているため、フィリピンよりも優れたコンタクトセンターを提供できる国は他にありません。 CCAPのベネディクト・エルナンデス議長は、9月27日から10月1日にかけて開催されたバーチャル・コンタクト・アイランド’21で、世界市場よりも急速な成長を遂げており、雇用の創出が事業成長の原動力となっていると述べています。

地域産業の成長ドライバーには、コロナウイルス病2019(Covid-19)ワクチンの発売、好調なビジネスマインド、デジタル加速、ペントアップ需要、コスト最適化の必要性の増大、および各地域の潜在的な財政刺激策が含まれる。

Hernandezは、コンタクトセンターの職員は、現場であろうと自宅であろうと、パンデミックの中で仕事を続けていると述べた。

パンデミックの間、59%の労働者が在宅勤務を選択する一方で、49%はまだオフィスに報告している。

この業界は、従業員を支援し、臨時住宅、交通手段、Covid-19スクリーニングなど、現場のコンタクトセンター労働者にインセンティブを提供してきました。

CCAPのジョジョジョー・ウリガン社長は、現状は依然として業界には不確実性があるが、同国でコビッド19型ワクチンの供給が増えれば、業界関係者に楽観的な見方がもたらされると述べた。

「Covid-19の全感染者数は全国的に増加し続けており、現在までに約240万人に達していますが、国のワクチン接種プログラムは、これまでに4,300万人以上の総接種を実施しています。 CCAPは、従業員のワクチン接種を確実に行うために、様々な地方自治体とパートナーシップを結んでいます」とUligan氏は述べた。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1154948