カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | IT

金属価格の上昇基調が続くフィリピンの銅生産者所得は610%増加

Ph-copper-producer-continue-upward-trend

同国最大の銅生産会社アトラス・コンソリデイテッド・マイニング・アンド・デベロップメント 9月末時点の純利益は金属価格の上昇を背景に610%増加した。

アトラス・マイニングは昨年1-9月期の4億9000万ポンドから34億8000万ポンドの純利益を計上した。 また、支払利息、税引前利益、減価償却費および償却費は、前年同期の61億3千万ポンドから80億2千万ポンド増加した。

また、同社の現金費用は、出荷量や生産量の減少により、前年同期比3%減の68.2億ポンド(同7億ポンド減)となった。

アトラス・マイニングの子会社、カーマー・カッパーは9カ月間、銅精鉱を16%、金属銅を19%、金を42%削減した。

生産ベースでは、アトラス・マイニングの銅生産は21%、金生産は45%減少した。

しかしながら、四半期ベースでは、第3四半期の銅・金生産量は、成績の改善により第2四半期に比べて増加しました。 銅金属は2,280万ポンドから11%増加して2,546万ポンドとなり、金の生産量は5,829オンスから44%増加して8,386オンスとなった。

世界の金属価格は急騰し、銅と金の平均価格はそれぞれ60%と4%上昇し、1ポンド4.22ドル、1オンス1,803ドルとなった。

パンデミックの長期化による世界貿易の摩擦は、金・銅のみならずニッケルについても鉱石価格の上昇傾向を維持すると予想され、鉱山会社は年末までに記録的な利益を確保することになる。

この傾向により、アトラス・マイニングは過去数年間の一連の赤字の後、黒字に戻ることができた。

アトラスマイニングのアドリアン・パウリノ・ラモス社長は、コモディティ市場の低迷を回避するため、引き続き業務改善に取り組んだと述べた。

出所:https://business.inquirer.net/333715/atlas-mining-income-up-610-as-metal-prices-continue-upward-trend

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you